SUMIRE『階段下のゴッホ』でドラマ初主演 30歳から藝大目指す“高収入バリキャリ女子”に

TV 公開日:2022/08/17 8
この記事を
クリップ

TBSの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」。3作目となる『パパとムスメの7日間』が好評のこの枠だが、このたび、4作目となる『階段下のゴッホ』の放送および主演が決定。9月20日(火)深夜24時58分からスタートする。本作の主演はSUMIREが務める。




SUMIREは2014年から現在までハイファッション・モード系の女性向けファッション雑誌『装苑』の専属モデルとしてその繊細さ・異彩を放つ美しさを発揮し続けている。2021年公開の映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ではキーパーソンとなるバーテンダー・スー役を演じるなど、話題の映画・ドラマに出演し確かな印象を残している。俳優として次なるステップへと挑戦するSUMIREが本作『階段下のゴッホ』でついにドラマ初主演を務める。


美人、勤勉、成績優秀。大手化粧品メーカーに勤め人望厚き働き盛りの30歳、年収1000万円超えの“高収入バリキャリ女子”である主人公の鏑木都(SUMIRE)。そんな彼女はとある絵画に出会ったことで一念発起し、画家になるという夢を叶えるべく東京藝術大学を目指すこととなる。美術の道を志すことと、勤めている化粧品メーカーでの勤務を両立するという無謀にも見える挑戦を試みる都だが、意を決し入学した美術予備校で出会ったのは“ザ・才能の塊”である6歳下の青年。圧倒的な“才能”格差があり、次元の違いすぎる世界で生きる彼の作品に驚愕する都だが、彼はなんと藝大を目指し六浪中、さらに性格も苛烈で…?


果たして、人は本当に“好き”や“情熱”だけで数々の格差を越え、夢や愛を掴めるのか?本作は、自分らしく生きるために邁進し、強く逞しく夢にも仕事にも向き合い進んでいく都を通して、生きやすいようで生きにくい令和の時代を闊歩する女性たちにエールを送る。「人生100年時代となった今、人は何にでも何歳からでも挑戦していい。人の一生は一度きりだ。いつだって何にだって挑戦する自由を誰しもが持っている」ということを至上のテーマとし、東京藝術大学大学院出身の脚本家・加藤法子が全編脚本を務め、本作の世界観を作り上げた。さらに劇伴音楽には火曜ドラマ『中学聖日記』の小瀬村晶も加わり、本作の美しさを繊細に表現する。『階段下のゴッホ』は、自分のやりたいことや信じたこと、夢を諦めない現代人に送るドラマである。


主役を務めるSUMIREは「都を演じていて、飾らない自分でいることで周りとも楽しく思いやりを持って過ごせますし、それは自分の人生をも明るくしてくれる大切なことだなと改めて強く思いました。この作品を通して、自分の人生をどうしたら魅力的に彩り豊かに過ごせるのか、都の生き方もひとつのメッセージとして、観てくださる方々にとって良いきっかけになればうれしいです」と語り、本作への熱い想いをのぞかせる。


さらに今回のSUMIRE演じる都のビジュアルを含め、『階段下のゴッホ』の美しさを写し取るようなビジュアル撮影を務めたのは山田智和。山田は、金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌である『Lemon』、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌『馬と鹿』、金曜ドラマ『リコカツ』主題歌の『Pale Blue』、火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の主題歌である『裸の心』など、TBSドラマとも関係の深い珠玉の楽曲のミュージックビデオを監督するなど、映像作家として第一線で活躍し続けている。『階段下のゴッホ』のキービジュアルなど、今後公開予定の鮮烈なビジュアルに期待が膨らむ。


格差も壁も乗り越え自分らしく生きるヒューマンラブストーリー『階段下のゴッホ』は9月20日(火)深夜24時58分から放送スタート。続報からも目が離せない。


1/2ページ