10月スタート“火10”『君の花になる』個性豊かなキャスト陣が決定

TV 公開日:2022/08/15 31
この記事を
クリップ

TBSで10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で放送される、本田翼主演の『君の花になる』。新たに個性豊かなキャスト陣が決定した。



新たに4人のキャストが決定

本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田翼)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく物語。


主人公・仲町あす花(なかまち・あすか)を演じる本田翼、あす花の元教え子で7人組ボーイズグループ“8LOOM(ブルーム)”のリーダー・佐神弾(さがみ・だん)役の高橋文哉、8LOOMメンバーである成瀬大二郎(なるせ・だいじろう)役の宮世琉弥、古町有起哉(ふるまち・ゆきや)役の綱啓永、一之瀬栄治(いちのせ・えいじ)役の八村倫太郎、桧山竜星(ひやま・りゅうせい)役の森愁斗、久留島巧(くるしま・たくみ)役のNOA、小野寺宝(おのでら・たから)役の山下幸輝に続き、このたび木南晴夏志田彩良菊田竜大ハナコ)、川津明日香の出演が決まった。


コミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じ分ける木南晴夏。本作では、あす花の姉・仲町優里(なかまち・ゆうり)を演じる。


優里は、高校教師として挫折し人生のどん底にいた妹のあす花を引き取り、自らが経営するフードワゴンを手伝わせて面倒を見る妹思いの優しい姉。あす花が元教え子の弾と一緒に暮らすことを心配しながらも、あす花の一番の理解者として支えていく役どころだ。木南が演じる、明るく感情豊かな優里に注目だ。


日曜劇場『ドラゴン桜』(2021年)での“東大専科”生徒役の好演が記憶に新しい志田彩良は、8LOOMのたまり場となっている銭湯の娘・池岡奈緒(いけおか・なお)を演じる。8LOOMのメンバーとはグループ結成時からの付き合いで気心知れており、彼らの寮に出入りするほどの間柄。弾のことが気になっているようで…。


初のドラマレギュラー出演となるお笑いトリオ・ハナコの菊田竜大は、優里の婚約者・三ツ谷満男(みつたに・みつお)を演じる。挫折したあす花を優里とともに支えてきた、理解があってノリのいい彼氏という役どころ。しかし、そのノリのよさが時に裏目に出ることも…。


モトカレ←リトライ』(MBS・2022年)で連続ドラマ初主演を果たし勢いに乗る川津明日香は、8LOOMと同じ事務所に所属するタレント・リリカを演じる。お天気キャスターとして活躍しているリリカだが、誰にも言えない秘密を抱えており…。


個性豊かなキャラクターたちが、あす花と8LOOMとどのように絡み影響を与えていくのか、注目だ。火曜ドラマ『君の花になる』は10月からスタート。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)