松村沙友理、佐藤寛太の博多弁スパルタ指導に「厳しいねん!」

TV 公開日:2022/08/11 9
この記事を
クリップ

10月7日よりPrime Videoにて独占配信されるAmazon Originalドラマ『結婚するって、本当ですか』の囲み取材が11日、都内にて開催。葵わかな佐藤寛太松村沙友理が登壇した。


本作は、週刊ビッグコミックスピリッツに連載中の若木民喜氏の人気マンガを原作とした、旅行代理店に勤務する奥手な主人公男女2人が自分たちの生活を守るために計画結婚を決意し、次第に惹かれ合っていくむずきゅんラブストーリー。一見クールに見えるが極度の人見知りで、家で地図を眺めてはその地を調べ、妄想・探索をする趣味を持つ本城寺莉香役を葵、莉香と同じ職場に勤め、保護した猫との生活を大切にするのんびりした性格の大原拓也役を佐藤が演じる。





見どころを聞かれた葵は「まだあらすじしか出てなくて説明が難しい部分もある」とネタバレを避けたコメントに悩む。佐藤が「これで決まっちゃうからね」と同調すると、葵は「そうだよね、難しい」としながらも主人公の2人を「会社の中でも特に目立たないタイプの2人」と表現した。


また「自分もそういう地味なタイプだったから(自身が演じる)莉香さんにすごい共感できた」という。佐藤は「2人で行くところだったり熊本に行くシーンがあったり、各地域ごとの景色が本当に良くて。撮影も天候にも恵まれた」と振り返った。


松村は「(葵と佐藤の)お2人と役で会っている時とこうやって普通にお話している時が違いすぎて不思議な感じになるんですよね」とぽつり。登場人物のキャラクターが濃いところが見どころではないかと語り、「それぞれ本当に面白くて、一人ひとりの個性が私は見どころかなと思います」とアピールした。


撮影で記憶に残っているエピソードを聞かれた葵は、観覧車に乗っての撮影シーンを回顧。「遊園地の閉園後をお借りして撮影していたんですけど、観覧車って普通一定方向に回るじゃないですか。でもロケーションとかきれいなところで撮影したいから、行って、また元に戻って、行ってっていう、逆さ回りの観覧車に乗ることができて」と動く観覧車から決まった景色で撮影するため、通常の回転と逆回転とを繰り返しながらの撮影であったことを明かした。「それが感じたことのない体感というか、いつも同じ方向に回っているものが急に違う方向に回る」と続けると、佐藤が「酔うんですよね」とうなずく。葵は「観覧車で乗り物酔いの薬飲んだの初めてだったので、やっぱり観覧車は一定方向がいいなって思いながら撮影しました」と苦笑。佐藤が「めっちゃシャッター増えた。絶対今日の見出し『観覧車で乗り物酔いの薬』」と報道陣に注目すると、葵は「そんなことない」と笑った。


さらに佐藤は「大変だったといえば方言じゃないですか。俺、九州出身なんで博多弁を都会の人が真似している時に『全然違うけどそれ』って。ニュアンス九州弁みたいなのあるじゃないですか」と他キャストの話す博多弁が気になっていたそう。松村は「大変でした!私、大阪出身なので方言にしようと思うと絶対関西弁になっちゃうんですよ」と博多弁に苦戦したと言い、「(佐藤演じる)拓ちゃんが厳しいねん!方言の先生が『いいよ』って言ってくれているのに拓ちゃんが『今のはだめです』って言ってくる」と佐藤の鋭い指摘があったこと打ち明けた。佐藤は「(松村演じる)ナオが喜んでいる時に、ちょっと語尾が『今のは関西弁やな』みたいなのがちょいちょいあって。すごい楽しかったですね。スパルタでした」と楽しそうに笑う。松村も「楽しかったー」とそんなやりとりを楽しんでいたようだった。



この日の取材では、各キャストが結婚観について語る場面も。松村は「結婚に対しての王道と言われていることをやっていくシーンが結構多くて、私は『それいいな』って思いました」と告白。「私も王道なことが好きなので、結婚っていえば『プロポーズはこういうところでしよう』とか『指輪はこういうものを用意しよう』っていう王道な結婚がいいなって思いました」と目を輝かせ、「(劇中の主人公)お2人が頑張ってやっていることが、全部憧れ」「観覧車乗りたいですもん私も。好きな人と観覧車乗りたい!」と願望を吐露していた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 37件)