神山智洋、アスレチックで“意地”に?後輩たちと関西の「ひんやりスポット」リポート

TV 公開日:2022/08/12 8
この記事を
クリップ

世代や場所、シチュエーションなどによって異なる常識(ジョーシキ)をあらゆる角度から調査し、独自の目線で紹介していくバラエティー番組『ちまたのジョーシキちゃん』。8月12日(金)放送分の「ちまたのジョーシキ劇場」では、ジャニーズWEST神山智洋関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ! group正門良規福本大晴が“ひんやり体験”が楽しめる関西のスポットを体当たりでリポートする。


【関連】ジャニーズWEST「奇跡が重なって今の僕たちがいる」音楽やグループへの強い想い語る



「ちまたのジョーシキ劇場」は、関西人が特定の場所やシチュエーションで経験しがちなこと=ジョーシキをアンケート調査で明らかにし、“爆笑”再現ドラマで発表する人気コーナー。今回は「夏のイライラ」をテーマに、馬場園梓アルコ&ピース平子祐希Boys beの丸岡晃聖が爆笑家族を熱演。


関西ジャニーズの先輩・後輩トリオが紹介するのは、暑さを吹き飛ばし、夏のイライラを解消する関西の「ひんやりスポット」。まずは、兵庫県神戸市にある日本最大級のアスレチック「六甲山アスレチックパーク GREENIA」を訪ね、夏に人気の水上アスレチック「ワンダーアメンボー」を体験することに。足元の池に落ちないよう、左右の壁に手足をついて体を支えながら移動する高難易度のアスレチックでは、福本、正門が挑戦するも相次いで失敗し、池にあえなくドボン。全身ずぶ濡れの“ひんやり”を味わうことになった2人を見て、ジャニーズ屈指の運動神経を誇る神山は「さすがに全員は落ちられへんやろ!」と奮起。果たして、先輩らしい姿を見せることができたのか?さらに、正門は水面に漂う小島に豪快なジャンプで飛び移るアトラクションに挑む。一瞬、成功したかに見えた正門のチャレンジだが、なぜかスタジオの横山が「正門おもろい!たいしたもんや」と賞賛をおくる、爆笑の結末に?


続いて、正門&福本は奈良県・信貴山にある開運橋から30m下の湖へと一気に跳ぶ、関西きっての人気スポット「開運バンジー」でバンジージャンプに挑戦。「ヤバイっすよ…」と、高さに足がすくんでなかなか跳べない正門を、ギャグマシーン・福本が自慢の一発ギャグで応援する場面も。果たして2人は無事バンジーを跳び、開運することができたのか?


そのほか、神山が大阪市内にある人気カフェで“王様”気分が味わえる超高級ひんやりスイーツを堪能するなど、さまざまな“ひんやり”が味わえるスポットを紹介していく。


1/2ページ