『家庭教師のトラコ』に「毎話泣ける」と反響、橋本愛のコスプレ姿や過激な授業に注目

TV 公開日:2022/08/08 7
この記事を
クリップ

「こどもの3人目も案外早く手なづけたし、次は母親なんだろ、ターゲット。」(中村蒼演じる福多)

前話(3話)終わりで垣間見えた謎の家庭教師・トラコ(橋本愛)の本当の狙い。過激な課外授業で子供を救ってきたトラコの次なる狙いは母親と判明。「家族を乗っ取る気かと・・・」(福多)ますます過激になるトラコの授業から目が離せない『家庭教師のトラコ』第4話。


【関連記事】中村蒼、14年の月日を経て俳優業への持論「成長を実感できない」理由


第2章の幕開けとなる第4話では、トラコが「主婦気取りするのやめてもらっていいですか?」と中村家の母親・真希の怒りを買ってしまい―。母親たち次々に起こる問題に対して、トラコが考えさせる解決方法とは。



「合格率100%を誇る 謎多き家庭教師」根津寅子ことトラコ(橋本愛)。トラコは、家庭の教師として受験合格を目指す3つの家庭のこどもたちの問題を解決。1話では共働き家庭の中村家6歳の一人娘・知恵に「1万円で幸せになる方法」を、2話では食堂を切り盛りするバツイチママ下山家の12歳の一人息子・高志に「正しい5千円の使い方」を、3話では超富裕層の上原家の後妻里美の連れ子で18歳の息子・守に「20万円必勝投資術」を考えさせ、それぞれのお金の使い方を通して、生きていく上で大切なことを指導。


トラコが生活も環境も全く異なる3つの家庭にキャラクターも衣装も変え、「誘拐」や「偽ライブ」など時には過激な授業で入り込んでいく指導方法に、SNSでは「毎話泣ける」、「こんな先生に授業を受けてみたい」、「私は熱血トラコが好き」など『体験授業』を受けた視聴者からは、多くの反響が集まっている。


一方で、トラコとタッグを組むビジネスパートナー福多のマンションでは、2人の会話からトラコの謎が少しずつ明らかに。「お前の本当の狙いを知ったらどう思うんだろうな」「(養護)施設の先生心配してたぞ。全然連絡がないって」「本当は母親に会いたいんじゃないのか?」「こどもの3人目も案外早く手なづけたし、次は母親なんだろ、ターゲット」。次第に明らかになるトラコの本当の狙い。今週放送の4話でもさらなるヒントが。


3つの家庭に合わせて、メリーポピンズ、昭和の熱血教師、魔性の女と風貌を変え登場するトラコ。ほかにも、エレベーターガール(1話)、看護師(2話)、コミカルな芸人(3話)などのコスプレ姿に注目が集まる中、4話では清楚な服にエプロンをつけた「若奥様スタイル」で中村家に登場することが明らかに。しかし、生徒・知恵の母(真希)に仕事上の問題が起きてしまい、「主婦気取りするのやめてもらっていいですか?」と怒りを買ってしまう状況に。いったい何が。


子供たちを手なづけたトラコの次なるターゲットは母親に。真希(美村里江)に訪れる試練にトラコが繰り広げる授業とは。『家庭教師のトラコ』第4話は8月10日(水)放送。


▼インタビュー記事


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)