『オールドルーキー』綾野剛が表現する“37歳の新人”が魅力的な理由

TV 公開日:2022/08/09 28
この記事を
クリップ


やがて自分の能力不足を正直に明かし「助けてください」と頭を下げた新町に、塔子たちは待ってましたとばかりに腰を上げる。


ひねくれ者の梅屋敷(増田貴久)も巻き込んだ資料作りのシーンには、「最高じゃん」「みんな大好き」「みんな優しくて良かった」とメンバーの一体感を喜ぶ視聴者が続出。作業は夜を徹して行われ、無事に資料は完成した。


新町は出来上がった資料を持って、最初の移籍先候補のチームに接触。その結果、新垣を受け入れてもらうことが決まった。



年を重ね、サッカーの日本代表にまで上り詰めた新町。戦うフィールドを変えても新人としてひたすら謙虚に、人に、仕事に向き合っている。年下の社員からアドバイスや指摘を受けて、すぐに改善しようとするのは簡単なことではない。


新町の「オールドルーキー」ぶりを際立たせたのが綾野剛の演技なのは間違いないだろう。新垣と向き合う際のキラキラした視線や、社長・高柳(反町隆史)に新垣のマネージメント解除を待つよう求めたときの、熱意と不安がせめぎあうような絶妙な表情。新垣の移籍が決まった瞬間の、謙虚さを感じる動きの小さいガッツポーズ。綾野の演技の一挙一動が、初めてだらけの出来事を純粋な気持ちで受け止めようとする新町のフレッシュさを見事に表現していた。


今回の一件でチーム移籍の難しさを学んだ新町。連絡を取り合っているらしい後輩のサッカー選手・伊垣尚人(神尾楓珠)からも「スポーツマネージメントが板についてきましたね」と言われ、嬉しそうだ。


伊垣から海外移籍の交渉を依頼されている新町だが、疑問に思うのが「なぜ自分なのか」ということ。スポーツマネージメントの世界に入ってまだ日が浅く、必要な資格さえ持っておらず、特に交流があったわけでもない新町をなぜ伊垣が頼るのか。それは伊垣が元サッカー選手である新町を「人として信頼」しているからだった。伊垣は言う、「それだけで十分です」と。


人を信頼することの大切さに気付かせてくれた第6話。情に訴えるだけのマネージメントから脱し、困ったときには人を頼るということも覚え、新町はスポーツマネージメントの人間としてまた一つ成長した。


次回スポットが当たる競技は車いすテニス。本作で初となるパラスポーツ回だ。キーマンとなりそうなのは意外にも梅屋敷。いつにない熱意でパラアスリートとのマネージメント契約を訴える梅屋敷が秘めている想いとは。次回の放送も見逃せない。


『オールドルーキー』コラムをもっと見る



■日曜劇場『オールドルーキー』
毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 42件)