『魔法のリノベ』愛くるしい表情で好演・吉野北人、YOUとのゆる~いトークもアクセントに

TV 公開日:2022/08/08 10
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)は今夜第4話を迎える。三男・竜之介役で出演している吉野北人からコメントが到着した。



「クセになる」と話題のまほリノ

本作は、本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”。


これまでの放送で、築60年の古民家、40代夫婦の寝室、海辺の事故物件と、さまざまな物件をリノベーションし、家はもとより、依頼人の人生をもリノベしてきた小梅と玄之介の“梅玄コンビ”。お互いに過去の傷をさらけ出し、欠点を補い合いながら成長を遂げる2人の姿や、「まるふく工務店」のメンバーと紅一点の小梅が織りなすコミカルな会話劇、さらに、登場人物たちが勇者や魔法使いなどに扮する一風変わったファンタジーシーンも、「クセになる」「RPG感満載でおもしろい」と話題を呼んでいる。


第4話は無茶な要求が…

今夜放送される第4話の舞台は、一年前に夫を亡くした小山田真理(渡辺真起子)が、息子の昌輝(佐伯大地)と暮らす、築20年の一戸建て。外装屋の番頭の華丸(寺島進)が指揮をとり、外装リフォームを行うことになるが、突然、義理の姉・保科千恵子(浅野ゆう子)から「この家は家相が良くない。主に災いをもたらす相だ」と忠告され、真理が工事のキャンセルを申し出る。そのうえ、千恵子のアドバイスをもとに、「なによりも風水を優先でいきたい」と主張し始めたことで、営業の小梅と玄之介はもちろん、設計担当の竜之介にも、無茶な要求が突きつけられることに。


ゆる~いバーシーンも話題、吉野北人が絶妙な末っ子感

福山家の三男で設計士の竜之介を演じるのは、人気ダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルで、俳優・モデルなどさまざまなフィールドで活躍している吉野北人。クールでひょうひょうとしているが、甘え上手で要領のよい絶妙な末っ子感を醸し出す竜之介を、持ち前の愛くるしい表情で好演している。



そんな竜之介は、小梅や玄之介が持ち帰った難しい要求に対し、文句を言いながらもきちんと形にする、設計士としても確かな腕を持つ。行きつけのバーで、YOU演じる店主の京子と織りなすゆる~いトークも物語のアクセントとなっていて、今後は、このバーで新たな出会いも…!?


また、最初こそ、入社してきた小梅をどこか怪訝な目で見ていたが、やがて、どんな時も仕事に真摯に向き合う小梅が気になり始め…と、少しずつそれぞれの関係性に変化が訪れる。物語の今後のキーマンの一人、竜之介演じる吉野北人からコメントが到着した。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)