飯豊まりえ&松井玲奈『オクトー』家族との時間描くオリジナルストーリー配信

TV 公開日:2022/08/08 3
この記事を
クリップ

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』のHuluオリジナルストーリーの配信が決定した。



本作は、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。変わり者の女性刑事・心野朱梨(飯豊まりえ)が、感情見え見えのエリート崩れ男性刑事・風早涼(浅香航大)とバディを組み、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス。


そんな斬新な事件解決方法や、各話出演者の熱演が話題の『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』から、主演の飯豊まりえや浅香航大をはじめ、物語のキーパーソンでもある、松井玲奈船越英一郎らが出演するHuluオリジナルストーリーが8月11日の第6話と9月8日の10話(最終話)の地上波放送終了後に1話ずつHuluにて独占配信する。



8月11日(木)第6話の放送後に配信する第6.5話では、病院のベッドで眠る姉の心野紫織(松井玲奈)に15年前の中学生時代の思い出を語りかける朱梨。優しかった紫織の姿を思い出す朱梨の目の前に、当時スポーツ整形外科を目指していた紫織が、叶わなかったはずの夢である医師の姿で現れる。一方、中学生時代はまだどんな自分が大人になるかの想像もついていなかった朱梨。警察官になった今の朱梨の姿を紫織が見たら、どんな言葉をかけてくれるだろうか。15年前、両親が殺害された事件以降、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになった朱梨は、幸せだった家族との記憶を思い出し、自分の感情にも変化が現れるのか。失われた姉妹の時間を体験した朱梨が見出した覚悟とは―。


さらに9月8日(木)最終話(第10話)放送後には、朱梨の相棒である涼(浅香航大)と、事件の鍵を握る警察庁 次長・平安(船越英一郎)が出演するアフターストーリー第10.5話が配信。地上波本編の1年後を涼の目線で描く第10.5話では、涼の本当の気持ちや、平安とのある“約束”についても描かれる。

【関連】『オクトー』に「予想できない」と考察の声、飯豊まりえ“朱梨”の運命を変えた犯人は?


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)