ディーン・フジオカら、“パンドラロス”の声に未公開オフショット&スペシャル映像を公開

TV 公開日:2022/08/05 9
この記事を
クリップ

ディーン・フジオカが主演を務めるドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』。本作は、科学を人類の光と信じ、希望を託し続ける警察官僚・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)×科学の闇に警鐘を鳴らす天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)×ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)が、法整備や警察機構の対応が追い付いていない“最先端科学にまつわる犯罪”を捜査する新時代のサイエンスミステリー。



日本テレビ系の4月期ドラマとしてSeason1が放送され、その続編としてオンライン動画配信サービスHuluに登場したSeason2。7月30日(土)に最終話(第6話)が配信され、現在Season1、Season2が全話独占配信中となっている。


最終話では、連れ去られてしまったクローン少年・ナオキ(國島誠雅)を救うために奔走する科学犯罪対策室のメンバーと、一連の事件の黒幕であるライデングループがついに最終決戦を迎え、ライデングループとその背後でうごめく国家レベルの陰謀がすべて明らかに。衝撃的な結末と、Huluでイッキ見を楽しんだ視聴者から「回を重ねるにつれクセに。そしてまた1話から見直したら深い話、面白い!」「パンドラロスを埋めたくて、Huluでシーズン1初回から見直し」「面白かったー!!思わせぶりな最後!!season3あるねコレは!?」「毎週、画面に釘付けでした。ロス必至!」と、SNS上でも“パンドラロス”の声が続出している。


この度、“パンドラロス”の方に朗報、豪華キャストたちの和やかオフショット&スペシャル映像が初公開された。パンドラファンにささやかなプレゼントとして、ディーン、岸井、ユースケら科学犯罪対策室のメンバーをはじめとする豪華キャスト陣の貴重なオフショットとスペシャル映像が大公開。


ディーンと岸井がSeason2後半のキーパーソンであるクローン少年・ナオキ役の國島誠雅と笑顔で映る1枚目の写真は、約半年間に及んだ撮影のクランクアップ時のもの。臓器提供のためのクローンとして生み出され、ずっと施設の中で育てられてきたナオキが生まれて初めて“海”を目にするという、切なく、そして、これから先の未来へかすかな希望を感じさせるような、ラストにふさわしいシーンになっている。


続いて2枚目の写真は、ディーンが娘・星来役の鈴木凜子を抱き上げている、とても微笑ましい1枚。本作では、Season1から一貫して最先端科学の光と闇に切り込み、時に視聴者にも科学の在り方を考えさせるようなシリアスなシーンも多く、小比類巻は科学犯罪対策室・室長として常に冷静沈着な姿で描かれていますが、一方で妻・亜美との回想シーンや娘・星来との家庭での様子は、夫として・父親としての彼の自然な表情が垣間見えるのもポイント。今回公開された親子の2ショットも、まるで本当の親子のような温かい空気感を感じることができる。


そして3枚目の写真は、ユースケ・サンタマリアや吉本実憂ら科学犯罪対策室メンバーが笑顔でわきあいあいとした雰囲気の1枚。長期間の撮影を共にしてきた彼らのチームワークの良さが伺える。


また、合わせて公開されたスペシャル映像では、ディーン、岸井、ユースケら主要キャストをはじめ、いつも小比類巻たちに協力し事件解決に尽力してきた“オカルト星人”こと厚労省課長・三枝益生役の佐藤隆太、Season2で一連の事件の裏で糸を引く「ライデングループ」日本支部シニアマネージャー・沢田克也役の平山浩行、さらにSeason1、Season2を盛り上げてきた豪華キャストたちの素の表情が映し出されている。


▼『パンドラの果実』スペシャル映像


▼関連記事


■Huluオリジナル『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』Season2

Huluで独占配信中 (毎週土曜1話ずつ更新 全6話)

©中村啓・光文社/HJホールディングス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

この記事に関連するコメント

じゅんぽん @juuyy5135 8月5日

ディーン・フジオカら、“パンドラロス”の声に未公開オフショット&スペシャル映像を公開 (ドワンゴジェイピーnews) https://t.co/eL5oDQSgFr