“最強の謎”は佐藤健への信頼感から生まれる?西野七瀬&せいやが謎解き特番の裏側に迫る

TV 公開日:2022/08/05 9
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、西野七瀬せいや霜降り明星)がMCを務めるParaviオリジナル『西野&せいや!この謎の向こう側!』を8月5日(金)より独占配信する。



本番組は、出演者たちと共に脱出ゲームをしているようなワクワク感と、謎解きをクリアする達成感を味わえると、放送のたびに話題を集めるTBSの人気謎解き番組『佐藤健&千鳥ノブよ!この謎を解いてみろ!』の番組制作の裏側に迫るスピンオフ企画。


【画像】番組カット(全5枚)


8月8日(月)に放送される“謎解き学園”を舞台とした第4弾を前に、西野七瀬&せいやMCのもと、『この謎』シリーズの“謎”を手掛けてきた天才クリエイター6人が一体どのように謎を作っているのかなど、普段は聞くことができない秘話を掘り下げていく。

【関連】佐藤健の制服姿「ファンにはたまらない」「制服最高」謎解き第4弾に期待の声


『この謎』シリーズはこれまでに3度放送されてきたが、その謎の制作を手掛けてきたのは、謎解きブームの立役者で日本一のクイズ作家とも称される矢野了平が率いる謎解きクリエイター集団。3000人以上が参加する謎解き王トーナメントで優勝を果たしている堺谷光、佐藤も御用達の謎解き制作団体「タンブルウィード」のクリエイト部部長を務める鯨井翔、脱出ゲームの世界大会で第3位に輝いた謎解きクリエイター集団最年少の常春、知識集団・QuizKnockの一員としてその実力が有名なふくらP、謎解き日本一決定戦で優勝経験を持つ無策師ら、日本屈指の天才クリエイターたちが顔を揃えている。


今回のスピンオフ企画では2回にわたり、クリエイターたちが一堂に会して過去シリーズで生み出してきた謎をさまざまな角度から振り返っていく。『この謎』シリーズの第2弾から出演している西野は、東京・下北沢に3店舗を構える「タンブルウィード」について「(店舗が近いから)ハシゴするのにぴったりなんです!」とガチ勢の風格を漂わせ、クリエイターたちの話にも興味津々の様子。


ゲームセンターとレストランを舞台にした第1弾では、佐藤らが唸るような“名謎”を生み出しつつも、テレビで謎解きの仕組みを作るということの大変さに直面したとか。それでもレストランパートでは、クライマックスの問題にふさわしい仕掛けを考えている中で、矢野から東京タワーを光らせるというアイデアが飛び出し、他のクリエイターたちから「天才かよ、生まれてきてくれてありがとう」という言葉が飛ぶほどの素晴らしい仕掛けが誕生。


本番では「ひらめいてくれるか不安だった。でも佐藤さんなら気づいてくれるはず」と大きな仕掛けが不発にならないか心配していたが、佐藤が見事に答えを導き出したときはガッツポーズと静かな歓声が上がるほどクリエイター陣も盛り上がったという。そんな熱い現場の様子を聞いたせいやは「池井戸潤ドラマみたいや」と感嘆した。


また、佐藤が“0.73秒”で問題を解いたときや、ノブのひらめき力が光った場面など、クリエイターたちが舌を巻いた出演者たちのファインプレーも発表され、クリエイター陣と出演者たちの“信頼感”が垣間見える一幕も。さらに、天才クリエイター6人が西野とせいやのために作ったオリジナル問題に挑戦したり、西野から出されたテーマに沿って即興で問題を作り出す企画も展開する。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)