ほのかりん、重岡大毅主演ドラマ『雪女と蟹を食う』で初のホステス役に挑戦

TV 公開日:2022/08/05 4
この記事を
クリップ

ほのかりんが、本日放送されるテレビ東京系ドラマ24『雪女と蟹を食う』第5話から初のホステス役に挑戦する。



『雪女と蟹を食う』は、テレビ東京で毎週金曜深夜0時12分から放送しているドラマ24の2022年7月クールの作品。原作は、ヤングマガジンおよびWEBで連載され、大人気を博した、新進気鋭の漫画家・Gino0808ぎのぜろはちぜろはちによる同名作品で、冤罪により人生が狂い自殺を決意した男と、時に雪女を彷彿とさせるような謎多きセレブ妻による奇妙な二人旅を描く、文学的でサスペンスフルなラブストーリー。


主演は、ジャニーズWEST重岡大毅。人生に絶望し自殺を図ろうとするも一歩踏み出せずにいる北という男で、テレビ番組を見て、ふと「北海道で蟹を食べてから死のう」と思いつくが、金がないため強盗を決意。図書館で偶然出会った裕福そうな人妻を家までつけていき襲い掛かるが、その人妻の反応はなんと「乱暴さえしなければお金も性的欲求も満たして差し上げる」というもの。そんな謎のセレブ人妻・雪枝彩女を入山法子 が演じている。


「一緒に北海道に行きたい」という彩女と共に北海道にたどり着いた北。ニュークラブで出会うホステス マリア(久保田紗友)の同僚 美弥妃として、本日放送回よりほのかりんが出演する。髪を金髪に染めて臨み、初めてのホステス役にも「すんなりとお芝居が出来ました」とコメント。ニュークラブの仲間たちとのシーンを生き生きと演じている。


<ほのかりん コメント>

原作のコミック『雪女と蟹を食う』を読んでいたので、お話をいただいた時は本当に嬉しかったです!出演決定を伝えたら喜んでくれた方も多くて、自分がこの作品に携わることが出来て本当に誇らしく思いました。私は、久保田紗友さんが演じる「マリア」が働くニュークラブの同僚「美弥妃」を演じさせていただきました。初めてのホステス役でしたが、すんなりとお芝居が出来ました。役に合わせて髪を金髪に染めたので、そこにも注目してほしいです。

みなさんが優しくて雰囲気が良く、久しぶりのお芝居の現場がこのチームで、本当に安心して楽しむことが出来ました!映像にも仲の良さや雰囲気の良さが伝わっていると思います。ぜひ最後までご覧ください!



■ドラマ24『雪女と蟹を食う』

毎週金曜深夜0時12分

放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送

Ⓒ「雪女と蟹を食う」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)