イケメン書道家と主婦の禁じられた恋、教えてくれるのは習字だけじゃなくて…

TV 公開日:2022/08/06 20
この記事を
クリップ

シリーズ累計2.2億回再生を突破した大人気シリーズ『キス×kiss×キス』の最新作、『キス×kiss×キス ~パーフェクトスキャンダル~』の7話が、8月5日(金)22時よりdTVで独占配信がスタートした。




本作は次世代を担う若手俳優陣をキャストに迎え、“実生活ではスキャンダルになる設定”をテーマに全12話のエピソードで構成されている。誰もが一度は妄想したことがあるかもしれない、ちょっとスキャンダラスでドキドキするキスのシチュエーション。そんなシチュエーションの数々が、自然な俳優たちの演技、物語を彩るBGM、そして美しい映像によって、物語を盛り上げ、奥深いものとなっている。もしかすると、リアルにこんなことが近くで起きているかもしれない…!?とワクワクと同時にドキっとさせられるストーリー仕立てになっている。


第7話の舞台は書道教室。通う生徒たちはイケメン書道家の彼(植村颯太)が目当て。主婦の彼女(柳美稀)もそのうちの一人なのだろうか。


寄り添うように隣に座り、彼女が書いた文字に丁寧な筆運びで赤を入れてくれる和服姿の彼。「だいぶ上達しましたね」「ありがとうございます」一見ありふれた先生と生徒のやり取りだが、彼が教えてくれるのは習字のことだけじゃない。


教室終了後、ほかの生徒たちが道具をもって部屋を出ていくなか、彼女だけは一人居残り。どこかそわそわした様子で墨をすっている。やがてその手に重ねられる彼の手。彼は先ほどの指導の最中、二人にしか分からない隠語で彼女を誘っていた。「このあと二人で会えるか」と。


彼女には夫がいるから、これは禁じられた恋。「今日で最後。この関係を終わらせよう」そう心に決め、伝えようとする彼女。しかし「何も言わなくてもいいよ」と彼に耳元でささやかれ、言葉が続かなくなってしまう。


ゆっくり迫ってくる、許されない相手の唇。彼女は拒むのか、受け入れるのか――昼下がりの書道教室。イケメン書道家と主婦の禁断の関係性が描かれている。


▼公式サイトはこちらから

https://bit.ly/3y9VSDz


▼第6話



【配信概要】
■タイトル:『キス×kiss×キス ~パーフェクトスキャンダル~』
■出演:赤羽流河、植村颯太、小南光司、仲野温、町井祥真、山本涼介/青木志穏、朝井瞳子、神嶋里花、柳美稀、山本栞(50音順)
■第7話配信日:2022年8月5日(金) 22:00~ 毎週金曜日更新
■主題歌:「Viva La 恋心」(東京女子流
■脚本:内平未央
■監督:森田亮、畑山創、小菅規照
■制作プロダクション:ROBOT
■制作:エイベックス・ピクチャーズ
■製作著作:エイベックス通信放送



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)