『ちむどんどん』若き日の三郎役・田中偉登、『エール』以来の朝ドラ出演は「とても光栄」

TV 公開日:2022/08/04 7
この記事を
クリップ

現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演する俳優の田中偉登からコメントが到着した。



田中偉登は、片岡鶴太郎が演じる平良三郎の若き日を演じており、7月20日(水)放送の第73回、8月4日(木)放送の第84回に登場する。


田中偉登 コメント

『エール』以来、再び朝ドラに参加出来てとても光栄です。僕は現在の三郎さんに比べ荒々しくザラザラとした若き日を生きました。暢子を三郎さんのもとに導いたのが、僕があの時賢三さんから教わった三線の音だったことにテレビの前でちむどんどんしました!

作品を通して、今ある当たり前のことは幸せなことなのだと再認識することができました。幸せになることをあきらめない 4 兄妹が自らの手でどのように幸せをつかむのか、最後まで楽しみです。



※本記事は掲載時点の情報です。