『テッパチ!』町田啓太のド直球な雄たけびに高鳴る、次なるステップへの合図

TV 公開日:2022/08/05 29
この記事を
クリップ

自衛隊という仕事について考えさせられ、宙(町田啓太)も自衛官としての自覚が芽生えてきた『テッパチ!』第5話。


そして中盤になり、ついにいつもすましていた冬美教官(白石麻衣)がデレた。ほんの一言だけのデレに、宙が「よっしゃー!」と雄たけびをあげた回となった。

※以下第5話ネタバレあり

まずは女性自衛官との特別合同訓練で、みんなが浮かれる中、「特別な講義もあるし、勉強にもなる」という馬場(佐野勇斗)に「マジメか!」という宙のツッコミでスタート。そこで出会った石崎奈央(坂東希)に小倉(池田永吉)がひと目ぼれ。そんな小倉の恋を応援しようと宙たち第一班は円陣を組んで気合い入りまくり。これは前回の『Choo Choo TRAIN』のような宙たち第一班のアツい“仲間感”が見られるのか?と思ったが、今回はそういう展開はなし。



合同訓練が始まり、女性自衛官を歓迎する第一班だが、奈央はつっけんどんな態度。恋愛よりも一人前の自衛官になるほうが先という奈央に宙は、またもや「マジメか」とポツリ。宙のツッコミに思わず目を向けた馬場に宙は「お前にじゃ、ね」と。その言い方が可愛かった。


奈央は別れた彼との子どもを妊娠していたことが発覚する。妊娠のため体調のすぐれない奈央が倒れそうになったとき、冬美は奈央をかばい、階段で足を踏み外してしまう。そのとき「危ない!」と真っ先に飛び出した宙は、冬美を抱きかかえ共に階段から転げ落ちる。意識を取り戻した宙は「知らない天井だ」と言うこともなく、ベッドの横にいる冬美に目を向ける。


「今回は助けてもらった。ありがとう」と素直にお礼をいう冬美。目をキョロキョロさせながら「いえ、どういたしまして」と宙。すると「なぁ、あんたならどうする?もし、石崎みたいな立場だったら。いや、その前に」と冬美をまっすぐ見ると「今、男いるんすか?」


【関連】『テッパチ!』町田啓太のキレッキレダンスに隠された肝、グッとくる伏線回収


宙のドストレートさは良さでもあるが「まさかここで聞く?」というタイミング。「いたらどうなの?」といって医務室を後にする冬美に、宙は「男いんのか…マジか、いんのか」とがっくり。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)

この記事に関連するコメント

saimon @TmsMika 8月5日

やっぱ、自衛官としての成長のみ見たい。白石苦手(すみません)なので見たくない。兎に角、自衛官としての成長を期待しているよ😉#町田 『テッパチ!』町田啓太のド直球な雄たけびに高鳴る、次なるステップへの合図 | ドワンゴジェイピーne… https://t.co/vPbfdTHtlE