“美和子さん”がSNSでトレンド入り『相棒season21』鈴木砂羽、14年振りに出演決定

TV 公開日:2022/08/03 4
この記事を
クリップ

10月期放送のドラマ『相棒season21』に、鈴木砂羽が出演することが発表された。

この秋、“5代目相棒”に寺脇康文を迎え新たなスタートを切る『相棒season21』。水谷豊演じる杉下右京と寺脇演じる亀山薫が、約14年ぶりにタッグを組むことで大きな注目を集めている同作に、鈴木砂羽演じる薫の妻・亀山美和子も登場する。





元帝都新聞社会部の記者で、学生時代からの付き合いだった薫と紆余曲折の末に結婚した美和子。『相棒season7』で「子どもたちに正義を教えたい」と警視庁を辞め、不正が蔓延するサルウィン(架空の国家)に渡る決意をした薫とともに日本を去っていた。現在も仲良く夫婦関係を継続している模様の薫と美和子。今回、薫の帰国にともない、美和子も日本へやってくるのですが、途端に事件に巻き込まれてしまうことになり…!?


このたびの、「杉下右京&亀山薫タッグ復活」の報は日本列島を熱狂の渦に巻き込み、「右京さん」「薫ちゃん」など、『相棒』に関するさまざまなワードがツイッターでトレンド入り。そしてその中にはしっかりと「美和子さん」の文字も。果たして美和子は『相棒season21』に登場するのか、気を揉みながら続報を待っていた視聴者も多かったのではないだろうか。

満を持しての出演発表に「またこうして皆さまにお会いできる日がくるなんて、奇跡のようですね」と鈴木。寺脇が情報解禁時に用いた「シン亀山薫」になぞらえ、「シン亀山美和子です」と宣言するなど、さっそく夫婦らしさを見せてくれた。水谷、寺脇、鈴木の3人が初めて顔を揃えたシーンでは、終始和やかな雰囲気で撮影が進行。カットがかかっても、3人が笑顔で会話を続けるという場面も見られた。


14年ぶりに寺脇とともに『相棒』ワールドにカムバックすることになる鈴木。待望の“シン亀山夫妻”復活で、ますます期待の高まる『相棒season21』を楽しみにしたい。



鈴木砂羽(亀山美和子・役)コメント

最初にお話をいただいた時、驚きと同時に真っ先に、近頃この不調気味の身体を整えなくては!と、撮影が始まるまでの期間、体調管理だけに全集中し、来たるべきクランクインに着々と備えてきました。おかげさまでいろいろと間に合いました。今はとにかく万全です!

毎年盛夏の中で『相棒』のロケは始まっていたなぁと山ほどある思い出を振り返らずにはいられません。

そして右京(水谷豊)さん、薫(寺脇康文)ちゃんに、14年ぶりにお会いしたとは思えないような、空気感に感激しきりです。まるでタイムスリップしたかのように、あっという間に甦ってしまったのです。変わらぬ現場のホーム感ではありますが、自分も今回新しい風を吹かせられるよう鋭意撮影中です。なので、寺脇さん風に言うとシン亀子、、じゃなかった「シン亀山美和子」です! そして「シン亀山夫妻」です!またこうして皆さまにお会いできる日がくるなんて…奇跡のようですね。それでは皆さま!!秋にお会いしましょう!!!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)