『ザ・マスクド・シンガー』小林幸子 水野美紀 土屋アンナ、舞台裏で経験した苦悩を告白

TV 公開日:2022/08/04 4
この記事を
クリップ

Prime Videoは、Amazon Original番組『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2を、8月4日(木)よりプライム会員向けに独占配信を開始する。


昨年9月の配信開始と共に、マスクを被ったパフォーマーたちの圧倒的なパフォーマンスと、正体を推理するというこれまでにない設定が大きな話題を呼んだ『ザ・マスクド・シンガー』。SNS上にはパフォーマーによる圧倒的なステージや意外な正体のサプライズ、こだわりの詰まったコスチュームなど、様々な話題が飛び交った。



そしてこの夏、日本中を騒がせた新感覚音楽バラエティがより豪華に、よりスケールアップして帰ってくる。


この度、シーズン1ではパフォーマーとして、シーズン2では正体を推理するパネリストとして参加した小林幸子水野美紀土屋アンナがパフォーマーたちの努力の結晶が詰まった本作の舞台裏を告白した。


大物歌手や金メダルを獲得した元スポーツ選手、女優、お笑い芸人といった誰もが知る有名人たちが正体を隠して歌声を披露したシーズン1。パフォーマーたちは決勝まで進むことを考えて、6ステージ分の楽曲を用意しなければいけなく、かなりの時間を練習に費やしていたという。


『紅蓮花』(LiSA)や『糸』(中島みゆき)を披露した小林幸子は「家にカラオケ部屋がありまして、これは楽しく歌うというよりは練習するための部屋があるんですが、そこでずっと練習していましたね。こぶしを入れるとすぐに小林幸子ってバレてしまうので。必死で『紅蓮花』を歌いましたが、こぶしを全部削って歌うのは結構大変でした」と語った。


『PRIDE』(今井美樹)や『また君に恋してる』(坂本冬美)を披露した水野美紀は「私はただひたすら歌の練習をしていました。マスクもかぶって動いてみないと具合が分からなかったりして。パフォーマンスしながらマスクがずれてきて視界が見えなくなるとかそういう、誰にも分からないちょっとしたトラブルみたいなのはきっと皆さん経験していると思います」と明かす。


『罪と罰』(椎名林檎)や『あなたのキスを数えましょう』(小柳ゆき)を披露した、シーズン1優勝者の土屋アンナは「私はダンスして歌うことが慣れてなかったからボイトレよりもダンスのお稽古の方が大変だった。本番まで日にちがなかったから、自分のメンタル的にはすごく頑張ってたな。安室ちゃんってすごいね。歌とダンス、両方を完璧にこなしてパフォーマンスをするアーティストたちのリスペクトが増えました」と、それぞれが舞台裏で経験した苦悩を告白した。


シーズン2では、様々な界隈で活躍する有名人たちが『夜に駆ける』(YOASOBI)や『ドライフラワー』(優里)など、話題の楽曲を披露する。中にはボイストレーニングを受けて参加するほど練習に力を入れていたパフォーマーもいるが、優勝者の称号・ゴールデンマスクを手に入れるのは一体誰なのか?圧倒的なパフォーマンスを繰り広げる本気の戦いに注目だ。


感動・興奮・驚きが詰まった超大型エンターテイメント『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2は、8月4日(木)より独占配信開始。




■『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2

2022年8月4日(木)より配信開始

MC:大泉洋

パネリスト:MIYAVI、Perfume、児嶋一哉(ep7~ep9はMC)、滝沢カレン(ep8.9)、山崎弘也(ep5.6.9)、森崎博之(ep7~9)、小林幸子(ep 3~5)、水野美紀(ep2)、土屋アンナ(ep1.6~8)

© 2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)