小関裕太、約7年ぶりの共演で田中圭の相棒役に「今からすごくワクワクしています」

TV 公開日:2022/08/03 2
この記事を
クリップ

オンライン動画配信サービスHuluは、田中圭主演、堤幸彦監督の最強タッグで贈る異色の刑事ドラマ『死神さん2』(原作:大倉崇裕「死神さん 嫌われる刑事」(幻冬舎文庫))を、2022年9月17日(土)から独占配信する。田中圭演じる孤高のクセモノ刑事・儀藤堅忍が、毎話異なる相棒と冤罪事件の捜査に挑む1話完結型の刑事ドラマ。この度、第3話で儀藤の相棒役を小関裕太が演じることが決定した。



映画・テレビドラマで幅広く活躍する小関裕太が演じるのは、イケメン人気声優の香川コジロー。一日警察署長のイベントの最中、突然女性ファンの一人が放火を自白する。しかしその後、裁判の過程で全て彼女の嘘だったことが判明。なぜ彼女は嘘をついたのか?そして真犯人は誰なのか?儀藤と香川は事件の裏に隠された真実を追い求める。


今回、そんな香川を演じる小関の「一日警察署長」の制服姿を初公開。凛々しくさわやかな姿を披露している。さらに、儀藤役の田中と、作中に登場するキャラクター「トイマッポくん」の着ぐるみの頭を付けた小刀祢役の山本舞香との、キュートな3ショットも初公開。撮影現場の和気あいあいとした雰囲気が伝わってくるオフショットになっている。


約7年ぶりに共演する田中について、小関は「(前回共演時と)今回は全く違う形で共演させていただくので、今からすごくワクワクしています」とコメント。自身が演じるキャラクターについては「物語を通して香川コジローという人物の色々な顔が見える」「撮影でもそんなところを楽しみながら演技をしていけたらいいなと思っています」とコメントした。


警察組織が掘り返されたくない事件の証言と証拠を徹底的に洗い直し、事件を180度転換させ、真犯人を検挙していく儀藤。彼の相棒になる者もまた組織から疎まれ、出世の道を閉ざされることに…。こういった背景から組織内で「死神」と呼ばれ、誰からも愛されず、誰とも群れない儀藤は相棒を常に変えながら「逃げ得は許しません」を決めセリフに、闇に葬られた真相をあぶり出していく。


当初は嫌々再捜査に加わっていた相棒たちが、事件の真相を徹底的に追い求める儀藤の姿に触れ、次第にその考えや生き方を変えていくことに。果たして再捜査後の彼らにはどんな未来が待ち受けているのか?


<小関裕太(香川コジロー役)コメント>

前作は以前見させていただいていたので、『死神さん』の世界観の中に新しい相棒として入ることをとても楽しみにしていました。主演の田中圭さんとは、今回約7年ぶりの共演になります。前回は上司と部下という間柄でしたが、今回は全く違う形で共演させていただくので、「どんな風になるのかな、どんな撮影になるのかな」と、今からすごくワクワクしています。物語を通して香川コジローという人物の色々な顔が見えると思いますし、他の登場人物の様々な一面が明らかになります。撮影でもそんなところを楽しみながら演技をしていけたらいいなと思っています。ぜひご覧ください!




■Huluオリジナル『死神さん2』

2022年9月17日(土)から、Huluで独占配信スタート(全6話)/毎週1話配信

出演:田中圭 山本舞香

ゲスト:吉田鋼太郎 奈緒 小関裕太 ほか

©HJホールディングス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)