松本潤、失敗すれば撮影中断の可能性も?CM撮影の“課題”を見事に解決

TV 公開日:2022/08/01 9
この記事を
クリップ


<撮影エピソード>
【物流課題を解決する佐川急便、撮影課題を解決する松本】
『NEXT! SAGAWA 物流ってこうでなくっちゃ』篇の撮影でのひとコマ。プレゼンター役の松本が、様々なお客様の物流課題を解決する佐川急便を、模型を使ってプレゼンテーションするという重要なシーン。「国際物流」を象徴する飛行機、「大型輸送」を象徴するコンテナ船、「流通加工」を象徴する倉庫、「国内配送」を象徴するSAGAWAのトラックの各模型の上に、「ワンストップ」と書かれた箱をかぶせてひとまとめにするという内容だ。かなりの重量のある木製の箱を、4つの模型の上からドンッ!と落とすようにかぶせるシーンだが、実は、これらの模型には替えが無く、壊れたり、傷ついたりした場合には、撮影が中断してしまう可能性があるという“課題”があることが発覚。松本さんなら大丈夫ですよ!という監督に、「そんなに信用されても困るよ」と苦笑いの松本だったが、いざ撮影本番を迎えると、集中力も高まり、「商品の受け入れから配送まで、ワンストップで対応します!」「ドンッ!」と、完璧なタイミングと完璧な位置に箱が収まり、スタッフから大きな拍手が湧きおこった。「見事なテイク!」と絶賛する監督に、「もうやらないよ!」と笑顔を見せる松本。物流課題を解決する佐川急便と同様に、撮影課題を見事に解決してしまった松本なのだった。



【SAGAWAのセールスドライバーは「送り主の思いも届けてくれている」】
撮影終了後、「物を運ぶというのはもちろんですが、セールスドライバー(R)の方からは、送り主の思いを届けてくださっているんだなという、熱い思いを感じます」と語ってくれた松本。近年の物流の進化には、「日本国内はもちろん、海外から物が届くのが圧倒的に早くなったと思うんですよね。海外のサイトで物を頼むとか、海外の友達から何かを送ってもらう時など、(手元に届くのが)すごく早くなったのは、皆さんのひとつひとつのこだわりや頑張りが集結されているんだなと想像します」と話した。


▼『NEXT! SAGAWA 物流ってこうでなくっちゃ』篇


▼『NEXT! SAGAWA 最近の物流ってこんな感じ』篇


佐川急便公式サイト(https://www.sagawa-exp.co.jp/)


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ