松本潤、失敗すれば撮影中断の可能性も?CM撮影の“課題”を見事に解決

TV 公開日:2022/08/01 8
この記事を
クリップ

佐川急便株式会社は、企業ブランド広告の新イメージキャラクターに松本潤を起用し、新テレビCM『NEXT! SAGAWA 物流ってこうでなくっちゃ』篇(30秒)、『NEXT! SAGAWA 最近の物流ってこんな感じ』篇(30秒)を制作、8月3日(水)より全国で放送を開始する。




新テレビCMで、物流の現場をリポートしながら、プレゼンターとして佐川急便を紹介するのは松本潤。「ひとつひとつの企業に、物流のベストアンサーを。」の力強い言葉とともに、スピード感あふれる場面展開で、様々な顧客の物流課題を解決する佐川急便を訴求していく。

【関連】『どうする家康』松本潤、全幅の信頼を置く織田信長役・岡田准一との撮影秘話明かす


「自分自身も生活していて、近年物流の重要性が高まっていると思います」という松本。佐川急便のイメージキャラクター就任にあたり、「大事な役割をいただき、とても嬉しく思っています」と語った。佐川急便と松本が「NEXT! SAGAWA」をキーワードに、さまざまな課題であふれる世界に立ち向かう企業を応援する新テレビCMに注目だ。


<『NEXT! SAGAWA 物流ってこうでなくっちゃ』篇ストーリー>
「想像してみてください」…そう言いながら松本が現れたのは、海外との物流に課題を抱える企業の倉庫。山積みにされた大量の椅子を見て「これ、どうすんの?」と問いかける。企業にとって物流の課題はさまざま。そこで、プレゼンター松本が提案するのが「SAGAWA」。「課題ごとに物流をカスタマイズ。商品の受け入れから配送まで、ワンストップで対応します!」と言葉にも力が入る。SAGAWAによって倉庫から整然と運び出される大量の椅子。「物流って、こうでなくっちゃ」とトラックの荷台に腰かける松本。ブルーのシャツの中には、白と青のストライプが見え隠れしています。「ひとつひとつの企業に、物流のベストアンサーを。」そう言って力強く歩き始める松本。次の時代の、次の物流へ向けられた視線とともに、松本の「NEXT! 佐川急便」の声が響きます。

<『NEXT! SAGAWA 最近の物流ってこんな感じ』篇ストーリー>
「想像してみてください」…そう言いながら松本が現れたのは、ハンガーラックにかけられた大量の洋服が並ぶ倉庫。身動きが取れないほどの物量に「これはまずい」と松本も危機感をつのらせる。通販ビジネスをゼロから始めたいとき、扱う商品を増やしたいとき…。そこで、プレゼンター松本が提案するのが「SAGAWA」。「倉庫の確保や在庫管理など、配送以外のさまざまな業務もまとめて対応します!」と言葉にも力が入る。SAGAWAによって倉庫から整然と運び出される大量の洋服。「今の物流って、こんな感じ」とトラックの荷台に腰かける松本。ブルーのシャツの中には、白と青のストライプが見え隠れしている。「ひとつひとつの企業に、物流のベストアンサーを。」そう言って力強く歩き始める松本。次の時代の、次の物流へ向けられた視線とともに、松本の「NEXT! 佐川急便」の声が響く。


1/2ページ

関連タグ