GENERATIONS 片寄涼太がゲストで登場、今夜も目が離せない『オモウマい店』

TV 公開日:2022/08/02 10
この記事を
クリップ

今日19時は『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』。本日は、「重さ4kg サックサク座布団サイズかき揚げ!」を放送。さらに「エアコン店主 また大事件!」「食べんちゃい店主 驚き展開と新メニュー」など、今夜も“オモてなしすぎでオモしろいウマい店”から目が離せない。ゲストは、松嶋尚美片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)。



富士山のふもと、静岡県御殿場市にあるお食事処。厨房から「はーーーい」と威勢の良い掛け声が飛んでから少しすると、客の眼前には言葉を失うほどの巨大なかき揚げが現れる。その大きさは一般的なかき揚げの32個分、具材はタマネギ1.2kgに、ミズナ2束、ニンジン、桜エビを使用。「ひとつは座布団、もうひとつは掛け布団」と店主が説明するように、円状の揚げ鍋と四角形のフライヤーを全面に使い、丸と四角、形状の異なる2種のかき揚げを重ねて提供する。総重量4kgにも及ぶこのかき揚げ、シェア&お持ち帰りOKで、定食は1,650円、単品でも1,430円という安さもポイント。味も「うまい。あっさりしている」と評判。誰が揚げても均一のサイズにするため、フライヤーをめいいっぱい使った」と店主は語る。ちなみに厨房から大きな声を出しているのは、「ボス」と呼ばれるベテランのバイトさん。誰よりもキビキビと動くボスの大きな声も、お店の魅力となっている。


次は、真夏にエアコンが故障し、2週間にわたり灼熱の中で営業を行った沼津のスパゲティ屋さん。エアコンの故障~設置までの顛末がテレビで放送されると、お店のエアコンは“日本一有名な普通のエアコン”となり、全国のほか、海外からも訪問客がやってくるほど。ついには無病息災を願うパワースポットにもなり、お祈りをしていくお客さんが出るまでになった。だが、新たな危機が「夢の中へ」を襲う。なんと、現在の場所から来年の5月で立ち退きを余儀なくされたという。店主から今後について相談を受けるディレクター。別の場所でお店を続けるのか、それとも店を畳むのか。店主の決断はいかに――。


さらに、鳥取県倉吉市で、栄養ドリンクや果物、惣菜などが次々と出てくる圧倒的なサービスと、「人生はたらいの中の水」という名言を残した店主が営む「すぎちゃん」にも大きな動きが。“ホルモンうどん”(880円)が名物の「すぎちゃん」は放送後、お客の数が増えたこともあり、席数2倍、しかも倉吉駅から徒歩3分という好立地で営業することに。「今度の店は100歳まで」と笑顔で話すすぎちゃん。そのバイタリティの秘訣を聞くと「私はとにかく人と話をするのが好き。だから永遠に続けたい」と屈託なく話してくれた。“そばめし”(700円)や黒毛和牛を使った“そずり肉鍋”(4~5人前4000円)など新メニューも増えるなど、まだまだ精力的なすぎちゃんと、それを支えるみやちゃんのコンビは移転後も健在。


■『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』

8月2日(火)19:00~19:54

(C)中京テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)