『ウォーキング・デッド』ファイナルシーズンPart2 TV初放送、仲間を失ったマギーは?

TV 公開日:2022/07/27 10
この記事を
クリップ

海外ドラマ・エンターテイメント専門チャンネルFOXチャンネルは、全世界大ヒットのサバイバル・ヒューマン・ドラマ待望のファイナルシーズンの第2弾となる『ウォーキング・デッド シーズン11』Part2(全8話)を8月7日(日)午後1:00~夜9:00にかけて全8話を一挙TV初放送する。また、8月26日(金)より、毎週月曜から金曜にかけて午前5:00~午前7:00に再放送を実施する。『ウォーキング・デッド シーズン11』は全24話 3部構成となり、今回TV初放送となるPart2では#9~~#16を送る。また、一挙放送に併せ8月7日(日)昼12:00よりPart1最終話「血を求めて」も放送する。



『ウォーキング・デッド』は、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していく姿を描いた、サバイバル・ヒューマン・ドラマ。シリーズ開始以来、アメリカで異例の高視聴率を獲得。極限に追い込まれた人間の心理を見事に描いた心揺さぶるストーリーは、世界中の人々を魅了してきた。


前作となるPart1の最終回(#8)でついにダリル、マギーたちが“収穫者”と全面戦争を開始。今回のPart2は戦いの最中から物語が始まる。両者とも大きな犠牲を払い、一度はこの戦いが終わったかのように見えたが…。今回、それぞれのストーリーに大きな変化をもたらす、見ごたえのある全8話を送る。11年続いてきたシリーズの集大成がここに描かれており、Part3、スピンオフに向けた伏線が多く散りばめられている。新たな展開をみせるファイナルシーズン Part2も見逃さないようにしよう。


Part1最終話より物語がスタートする#9「行き詰まり」。ダリル、マギー、ニーガン、負傷したイライジャは、リーパーズ(収穫者)のリアとその仲間数人を生かし、それぞれ自分たちの生活を続けていくことを提案する。それが叶うものだと思っていた矢先、マギーは仲間を失った怒りを抑えきれず銃を放ってしまう。肩を打たれながら、かろうじて一人逃げることのできたリアを、ダリルはとどめを刺さずに逃がすことに。その後、ニーガンはマギーの行為がきっかけで去ってしまう。そして無事に戻ったアレクサンドリアに、驚きと懐かしのある人物が登場。


#11「ローグ・エレメント」ではステファニーと楽しい時間を過ごすユージーン(ジョシュ・マクダーミット)の姿が描かれる。『ウォーキング・デッド』ファンなら誰しもが願うユージーンの幸せだが、それもつかぬ間の出来事。ステファニーは突然姿を消し、行方不明になってしまう。手がかりがなく、精神的にもおかしくなってしまったユージーンだが、彼はこれが仕組まれたものだったと気づく。そして彼のもとに、本物のステファニーが姿を現してこの他にも様々な出来事が絡み合うPart2の物語に注目だ。


『ウォーキング・デッド シーズン11』Part2のTV初放送に向けて、期待と緊張感の高まる予告編映像が公開された。シリーズの終幕に かう物語、今回は一体どんな展開が待ち受けているのか。全8話一挙TV初放送に向けて、チェックしよう。


▼ウォーキング・デッド シーズン11 Part2 一挙放送 予告編



【8月7日の8話連続放送スケジュール】

昼12:00 #8「血を求めて」
午後1:00 #9「 行き詰まり 」
午後2:00 #10「 新たな脅威 」
午後3:00 #11「 ローグ・エレメント 」
午後4:00 #12「 ザ・ラッキー・ワンズ 」
午後5:00 #13「 司令官たち 」
夜6:00 #14「 ザ・ロットン・コア」
夜7:00 #15「 トラスト 」
夜8:00 #16「 神の御業 」


【#9「行き詰まり」あらすじ】

ダリル、マギー、ゲイブリエル、ニーガン、イライジャは食料を巡って“収穫者”と戦う。そしてアーロンとアレクサンドリアの人々は嵐を生き抜かねばならない。また、アレクサンドリアにはあのメンバーたちが久しぶりに戻ってくる。


■『ウォーキング・デッド シーズン11』Part2(字幕版)

2022年8月7日(日)午後1:00~夜9:00(8話連続放送)
※同日 昼12:00~#8(Part1の最終話「血を求めて」)も放送
再放送は8月26日(金)より、毎週月曜~金曜午前5:00~午前7:00(2話連続放送)
※再放送の時間は前番組によって変更になる場合あり

© 2021 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved. 


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント