矢本悠馬 金子大地ら、池田エライザ“ドロンジョ”取り巻く『ヤッターマン』キャラに

TV 公開日:2022/07/27 9
この記事を
クリップ

WOWOWでは、池田エライザ主演で『タイムボカンシリーズヤッターマン』の人気キャラクター・ドロンジョの過去を全く新しい視点から描いた、タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』(全11話)を10月7日(金)より放送・配信する。この度、本作に山崎紘菜矢本悠馬金子大地一ノ瀬ワタル田中俊介の出演が決定した。本作は、発表から45年を経た今もなお多くの人々に愛される国民的アニメ『タイムボカンシリーズヤッターマン』を原作に、池田エライザ演じる主人公の泥川七音(どろかわなお)が、ドロンジョとして悪に手を染めることになるまでの知られざる過去や壮絶な生きざまを描いたダークエンターテイメント。脚本を喜安浩平ほか、監督を内藤瑛亮、横尾初喜が担当する。




ヤッターマン1号は金子大地、2号は山崎紘菜

池田エライザの主演発表後、機械式の義足をまとった衝撃のヴィジュアルが話題になり、国内はもとより、TheHollywood Reporterをはじめ海外のニュースサイトにも拡散されるなど、海を越えて注目を集めている本作。この度“令和のドロンジョ”池田エライザを取り巻く新時代の「ヤッターマン」キャスト、そしてドラマオリジナルのキャラクターを演じるキャストが発表となった。


まず、のちにドロンジョの敵役である正義の味方「ヤッターマン」となる面々には山崎紘菜、金子大地が決定。山崎が演じるのは、のちに“ヤッターマン2号”となる聖川愛花(ひじりかわあいか)。原作では電気屋の娘・上成愛として描かれるが、本作では貧しく過酷な環境で生きる七音とは対照的に、裕福な家庭で育ち、美貌を生かしてインフルエンサーとしても活動している役どころ。七音とは一時期、アマチュアボクシングの世界で日本代表をめぐってしのぎを削りあうライバルだった。まっすぐで純粋な愛花が“正義”の名の下にとる言動は、社会の底辺で生きる七音にとってはただのきれいごと、恵まれた者の偽善でしかなく……。また、ボクシングが物語にどのように絡んでいくのかにも注目だ。


続いて、金子が演じるのは、のちに“ヤッターマン1号”となる高岩田ガン(たかいわだがん)。愛花の幼馴染で行動力があるガンは、原作の高田ガン同様に愛花の強力なパートナーとして登場する。そんな愛花とガンの「世の中を良くしたい」というまっすぐでまぶしい“正義”が、皮肉にも七音の運命を大きく狂わせていくことになる。


後の“ドロンボー一味”に矢本悠馬、一ノ瀬ワタル

のちに“ドロンボー一味”としてドロンジョの泥棒稼業を支えることになる面々には矢本悠馬、一ノ瀬ワタルが決定。矢本が演じるのは、のちに“ボヤッキー”と名乗ることになる、裏社会で生きる青年・飛悟(ひゅーご)。原作のボヤッキー同様にメカ造りの天才で一味の頭脳担当でもある飛悟は、ある悲劇によって左足を失い、絶望の淵にいた七音へ、自らの技術で制作した“義足”という希望を与える重要人物だ。


続いて、一ノ瀬が演じるのは、飛悟とともに行動し、のちに“トンズラー”を名乗ることになる青年・匠苑(しょーん)。大柄で強面な見た目とは対照的に、天然でかわいらしいキャラクターの匠苑は、一味の怪力担当であり、いざというときに七音の盾となる頼れる存在として登場する。はたして3人は“いつ・どこで・なぜ”出会い、のちのドロンボー一味へとつながる絆を育んでいくのか。そこに隠された悲しくも温かいドラマとは――。ダークバイオレンスな世界観である本作において、一時の癒やしや笑いを与えてくれる七音、飛悟、匠苑の関係性にも注目だ。


ドラマオリジナルキャラクターに田中俊介

そして、今回発表のキャスト陣の中で唯一原作には登場しない、ドラマオリジナルキャラクター・瑛磨(えーす)を演じるのは田中俊介。タツノコプロが初めて手掛けたテレビアニメ『宇宙エース』からインスパイアされ、名付けられたキャラクターである。飛悟、匠苑らとともに裏社会で生きる謎多き人物・瑛磨は、絶望の淵にいる七音を拾い上げるキーパーソン。はじめは反発しあうも、根底にある“孤独”に共鳴しあう七音と瑛磨は、やがて互いにとっての“最後の希望”のような、かけがえのない存在となっていく。強力ラインアップを加えて届ける“令和のドロンジョ”。他にもドクロベエはじめ原作キャラクターは登場するのか。次のキャスト解禁をはじめ、今後の続報にも期待が高まる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)