『家庭教師のトラコ』橋本愛、看護師に!?エレベーターガールに続くコスプレ姿に注目

TV 公開日:2022/07/25 5
この記事を
クリップ

橋本愛が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』より、第2話の場面写真が公開となった。



1話の放送中から、「令和の『家政婦のミタ』?」「ぶっ飛びすぎ」「遊川節さく裂!」「今後が気になる」とSNS を席巻した本ドラマ。脚本 遊川和彦×プロデュース 大平太の『家政婦のミタ』など、数々のヒット作を生み出してきたコンビが描く最新作の主人公・トラコ(橋本愛)が、3つの家庭に合わせて「メリーポピンズ・魔性の女・昭和の熱血教師」など、コスチュームもキャラクターもがらりと変えて現れると、「トラコの本当の素顔はどれなのか?」「メリーポピンズ以外の姿があって最高の裏切り!」「橋本愛の七変化が楽しい」などの反響が続出




そんな中、2話の放送を前に、気になる場面写真が本日解禁された。

定食屋『万福亭』、店主・智代の息子・高志がいじめっ子たちにカツアゲされたと知ったトラコが、課外授業で不良を前に本気で立ち向かう場面は、トラコ演じる橋本が「一番自分に近いキャラかな?」というだけあって熱血感満載。まさかの頭突きや、蹴りまで飛び出すアクションシーンは必見。さらに、新たに看護師姿で3人の母の前に現れる場面も解禁。1 話のエレベーターガールなどに続く、新たなコスプレ姿をどんなキャラで演じるのか、注目だ。


1話で話題をさらった、「私には嫌いな言葉が3つある。」とトラコが流れるように変わる表情で切り出す印象的なシーンが、2話でも繰り広げられることが明らかに!。話の知恵の言葉、「わかんない」に続き、トラコが「嫌いな2つめの言葉」としてあげた高志の言葉とは?「5 千円の正しい使い方」を教える熱血教師トラコの立ち振る舞いに注目が集まる。


第2話あらすじ

トラコ(橋本愛)は、智代(板谷由夏)の営む定食屋『万福亭』のレジから息子・高志(阿久津慶人)が5千円札を抜き取るところを目撃。高志がいじめっ子たちからカツアゲされていることを知ったトラコは、「一緒に行ってやる」と、高志を連れて課外授業へ出掛けることに。そうとは知らない智代は、元夫・満男(丸山智己)から「私立に合格しなかったら高志の親権は渡してもらう」と念を押されていた。高志といじめっ子たちの前にやってきたトラコは助けてはくれず、金の使い道がスマホゲームの課金だと分かると、「ダメだ、こいつらに金を渡しちゃ」と高志に告げ、さっさと一人で先に帰ってしまう。結局いじめっ子たちに5千円を渡してしまった高志にトラコは宿題を出す。「あの5千円は、本当はどう使われれば良かったのか、考えてみようか」――。


翌週、高志はいくつか答えを出すが、納得しないトラコに嫌気が差して、「もう家庭教師なんかいらない」とトラコをクビにしてしまう。さらに智代にまでイラ立ちをぶつける高志は、智代とケンカになり「そんなに母さんのことがいやなら、父さんの所に行けば?」と言われ、家を出て行ってしまい――。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)