『オールドルーキー』第5話ゲストは當真あみ 城(中川大志)が見つけたフェンシング選手役

TV 公開日:2022/07/24 12
この記事を
クリップ

綾野剛主演で毎週日曜よる9時から放送している日曜劇場『オールドルーキー』。このたび、7月31日(日)に放送される第5話に、城(中川大志)が見つけた逸材で、無名だがスター性のあるフェンシング選手・三咲麻有役で當真あみの出演が決定した。



『オールドルーキー』はサッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた主人公の新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語である。数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた福田靖が脚本を担当する、完全オリジナルストーリーだ。

【関連】『オールドルーキー』新町(綾野剛)は現役復帰を決意 ビクトリーメンバーに訪れる変化とは


本作では、アスリートたちへのリスペクトと共にスポーツが持つ様々な魅力をリアルにお届けするため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行っている。各話でスポットが当たるアスリートはさまざまだが、それぞれの選手に選手としての葛藤や、自身が所属しているスポーツマネージメントの話などを取材し反映している。また、Jリーガーを演じる綾野のサッカー監修に大久保嘉人の起用や、Jリーグ・日本サッカー協会など、“本物”たちからのサポートが、このドラマにリアルと迫力を与えている。


このたび、7月31日(日)に放送する第5話に、城(中川大志)が見つけた逸材で、無名だがスター性のあるフェンシング選手・三咲麻有役で當真あみの出演が決定した。2作目のドラマ出演となる本作で、初の日曜劇場出演を飾る。2020年に沖縄県でスカウトされ、翌年企業のCMに大抜擢されデビューし、“沖縄の逸材”と話題をさらった當真。その後も日本を代表する女優たちの登竜門になっているCMキャラクターに起用され、今年1月期の金曜ドラマ『妻、小学生になる。』にレギュラー出演するなど、今、旬な女優の1人である。


そんな當真が本作で演じるのは、城が発掘したフェンシング選手・三咲麻有。無名だがスター性を見込み、新町は初めて塔子(芳根京子)ではなく城と組んで、「ビクトリー」と契約してもらえるよう三咲にアプローチをかけることに。世の中にフェンシングを広めたい気持ちはある一方、人見知りで派手なことが苦手な三咲は、テレビ出演やグラビア撮影は嫌だと主張し、マネージメントは難航。新町は、元アスリートとして三咲の気持ちを理解しつつも、スポーツマネージメントの“仕事”として利益を生まなければならず葛藤する。アスリートファーストか、会社の利益か…新町の決断とは?


さらに、第5話にゲストとして清竜人の出演も決定した。


シンガーソングライターにして、映像監督や俳優と、マルチに活動の幅を広げている清。名だたるアーティストたちの楽曲プロデュースをはじめ、地上波ドラマにも楽曲提供をしたことはあるが、出演自体は初めてとなる。演じるのは、三咲を撮るカメラマン。その個性的な存在感が今作でどのように発揮されるのか、第5話の放送をお見逃しなく。


第5話では、スポーツマネージメント会社で新たな一歩を踏み出した新町が、自身も元アスリートであるがゆえにアスリートファーストを重んじる気持ちと、会社の一員として利益を追及しなければならない葛藤を描く。本当の意味で社会人としてのスタートを切ったといえる新町は、三咲にどのように寄り添うのか。7月31日(日)放送の第5話をぜひお楽しみに。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)