『新・信長公記』山田杏奈“みやび”の父は武将たちが揃う事を知っていた?家族模様にも注目

TV 公開日:2022/07/22 9
この記事を
クリップ

2022年7月期・日本テレビ系新日曜ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』。主人公・織田信長役には永瀬廉King & Prince)、クラスで唯一武将じゃない女子高生で学級委員長も務める日下部みやび役には山田杏奈の出演が決定している。さらに、西畑大吾なにわ男子)、三浦翔平満島真之介濱田岳小澤征悦らの出演も発表され、豪華な顔ぶれが15歳の戦国武将を演じる事に期待が高まっている。




そんな本作品に、追加キャストとして戸田菜穂池田鉄洋の2人の出演が決定。2人が演じるのは、戦国武将が居並ぶクラスの紅一点・みやびの両親、日下部雅恵&誠太郎。物語の中では、戦国武将たちがてっぺんを目指した戦いを繰り広げる中で、武将たちに臆する事なく強く立ち向かっていくみやび。そんなみやびが描く、家族模様にも注目だ。


戸田演じる雅恵は、一年前に夫である誠太郎を亡くし、みやびを女手一つで育てる母親。物語で居並ぶクラスメイトの戦国武将たちに毅然と立つ向かう凛とした強さを持つみやびへ、優しい眼差しを向け続ける。さらに、父・誠太郎は歴史学者でもあり、歴史オタクなみやびにも大きな影響を与えた人物。誠太郎にはある想いがあり、みやびへ「武将たちが揃う事になる銀杏高校へ入って欲しい」と伝えていた。果たして、誠太郎がみやびへ託した想いとは…?誠太郎はなぜ、武将たちが銀杏高校に集まる事を知っていたのか。緻密な頭脳戦、華麗なアクション、コミカルな笑いまで家族みんなで楽しめる青春あり!戦あり!の学園天下獲りエンターテインメントが、この夏、開幕する。



■『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』

日本テレビ系2022年7月期日曜ドラマ(毎週日曜22:30~23:25)、7月24日スタート

(C)読売テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。