乃木坂46 久保史緒里、後輩との向き合い方 根本は“気にしいな”自分

TV 公開日:2022/08/19 29
この記事を
クリップ

有村架純中村倫也がW主演を務める金曜ドラマ石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』のParaviオリジナルストーリー『塩介と甘実―蕎麦ができるまで探偵―』が、動画配信サービス「Paravi」で配信されている。

同作は、主演のおいでやす小田が演じる「そば処 塩崎」の塩崎啓介、通称“塩介”と、乃木坂46久保史緒里が演じる常連客・甘露果也実、通称“甘実”が、店を訪れる客の悩みやトラブルを推理で解決しようと奮闘する姿を描く。



国民的アイドルグループのメンバーでありながら、モデル・ラジオパーソナリティ・女優など、多方面での活躍をみせる久保に、今作の見どころを聞くと共に、グループ活動と個人仕事の両立への思いなどを語ってもらった。

演技仕事「お話をいただく度に驚きがあります」


──近年、単独での演技のお仕事がすごく増えている印象があります。今回のドラマが決まった時はどのように感じましたか。


「本当に自分ですか」と思いました。まさか自分に決まるとは思っていなかったので、驚きました。


──演技のお仕事を多くされている今でも、作品が決まると驚きがあるんですか。


お芝居は自分にとってすごくやりたいことなので、お話をいただく度に驚きがあります。「私ですか」と、とても嬉しいんです。


──おいでやす小田さんの主演作です。


絶対に面白いですよね、小田さんが主演と聞いて「これは絶対にやりたい」と思いました。


──小田さんの主演が決め手?


小田さんが主演されると聞いて、ぜひご一緒したいなとすごく思いました。


年齢差に何度も驚くおいでやす小田


──実際に現場で小田さんとご一緒されて、いかがですか。


塩介と甘実の掛け合いで話が進んでいくんですが、2人の人柄、人間性が真逆であればあるほど面白いと思うんです。小田さんは勢いのある役で、すごく声を張っているので、甘実はそれに引っ張られない方が面白いなって思っていて。でも話が進むにつれて、塩介に引っ張られていくのも面白いなとも思うんです。そこのバランスは考えながらやっています。


──小田さんとはどういうやりとりをしているんですか。


お蕎麦屋さんで撮影させていただいてるんですが、店主の方がいつもお蕎麦を作ってくださるんです。それをみんなでいただきながら話す時間が一番楽しくて、そこでよくコミュニケーションをとっています。私は人見知りなのでなかなか話しかけられないんですが、お蕎麦を囲んでいる時間だけはすごく会話が弾むんです。小田さんは私の年齢にいつもすごく驚いてくださいます。


──いつも驚いているんですか?


この作品が決まって初めてお会いした時も、年齢が倍くらい違うので、小田さんが今の仕事を始めた時に、まだ私が生まれてなかった、ということに驚かれたんですが、いまだにそれを言われるんです。


──驚いている小田さんの姿が目に浮かびますね(笑)。


ずっと驚かれています(笑)。「まだ若いからこの時間帯になっても疲れへんやろ!」と言われたり。

 

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)