『オクトー』飯豊まりえ“朱梨”が見た矛盾する感情、浅香航大“風早”の過去も見え始める

TV 公開日:2022/07/21 7
この記事を
クリップ

本日7月21日よる11:59から第3話が放送される『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。警察を“嫌悪”するあおり運転容疑の男に見えた“嫌悪”と矛盾する“信頼”の感情。矛盾する感情の裏には、一体何が。そして、風早涼の過去、警察内部に隠された闇が見え始める。第3話のゲストは若林時英本田仁美



2022年7月期日本テレビ系木曜ドラマはドラマ完全オリジナル作品『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。「感情の“色”は、嘘をつかない」愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つけ出す心野朱梨(飯豊まりえ)。彼女には、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。人の“感情の色”が見える変わり者の女性刑事(飯豊まりえ)が感情見え見えのエリート崩れ男性刑事・風早涼(浅香航大)とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス。


心野朱梨(飯豊まりえ)と風早涼(浅香航大)は、あおり運転の容疑者・鳥飼(若林時英)を取り調べる。


被害者である鳩崎の車のドライブレコーダーには、鳥飼が鳩崎を運転席から引きずりおろす様子が映っていた。しかし、鳥飼は犯行を否認。朱梨は彼に、“嫌悪”の色である紫色と、“信頼”を表す黄緑色を見る。鳥飼は、自分を逮捕した警察を嫌悪しつつ、信頼している? 鳥飼の取調べは難航する。朱梨と風早は、入院中の鳩崎に会いに行く。鳩崎はとても話せるような状態ではなかった。鳩崎から恐怖の色が見えないことに驚く朱梨。代わりに、彼には思いがけない別の色が表れていた。第3話は、本日7月21日よる11:59から放送。


さらに、番組HPでは行動からわかる、あなたの「味方になってくれる感情の色」診断もスタート。8つの質問に答えると、朱梨があなたの「味方になってくれる感情の色」を導き出してくれる。ドラマと合わせて、楽しもう。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)