『テッパチ!』町田啓太の原点回帰、男臭さあふれる姿に重なる成長の年輪

TV 公開日:2022/07/20 20
この記事を
クリップ

「勝負すりゃぁいいんだろ、勝負すりゃぁ!」


自衛官候補生の宙(町田啓太)は教官の八女(北村一輝)から「決着をつけろ」と言われ、荒井(佐藤寛太)と体力検定で勝負することになった冒頭のセリフ。最近では限りなく少なくなった男臭さをムンムンと沸き立たせる熱血青春ドラマのど真ん中を突っ走った『テッパチ!』第2話。


※以下第2話ネタバレあり

とにかくアツかった。ほふく前進などの訓練で何かと闘志むき出しにして競い合う宙と荒井。2人のことを悟空とベジータと言っていたけれど、まさにライバル関係。しかも体力検定で負けたら自衛隊を辞めるという条件つき。訓練後も荒井が自主練で走っていることを知れば、グラウンド にいって負けず嫌いを発揮する宙。荒井も負けてはいられない。雄たけび上げながら懸垂する2人はアツ過ぎる。でも、演出的には、まったく殺伐としていないところがいい。鏡をふくことで争ったり。必死な形相をしている宙を見て、荒井も鏡をふく手をスピードアップ。最後に鏡を拭きながら一瞬、荒井が笑ってしまったのは芝居なのかどうなのかは置いといて。訓練後のシャワーシーンは、もはやお約束なのか。頭からシャワーを浴び、水をしたらせながら汗を流す2人がたまらない。



また、シャワー後、鍛え抜かれた体を見て、「荒井、仕上がってんなぁ」と体をペチペチをさわる第一班のメンバーたち。こんなところでも宙は負けん気を発揮。自分を気づかせようとお風呂セットをわざと落とし、「ん~」と自分の筋肉をアピール。「宙さんも、いい体してるっすねぇ」と言われ、ニッコリ。今度は荒井が鏡に向かって「今日も疲れたなぁ」と背筋を誇示する。もちろん、宙も黙ってはいない。2人とも範馬勇次郎かよ!とツッコミを入れたくなる背筋ぶりだった。


そんな中、宙は冬美教官(白石麻衣)とばったり。公式サイトの相関図で宙は冬美にひと目ぼれとあるが、宙がそれほど冬美にほれているという描写は今のところあまりない。


ただ、荒井と勝負することになった噂を聞いた冬美に「勝っても辞めてやるよ。俺は必要ないんだろ」と言い切った宙がまっすぐ冬美を見たとき、冬美のほうが目をそらしている。これは逆に冬美のほうが宙を意識しているのではないかと思ってしまう。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 24件)