『家庭教師のトラコ』最初の生徒役は『監察医 朝顔』で話題を呼んだ子役「ぜんぶ見て」

TV 公開日:2022/07/19 7
この記事を
クリップ

7月20日スタートの新水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系、よる10時~)。



脚本・遊川和彦×プロデュース・大平太の『家政婦のミタ』『同期のサクラ』など、数々のヒット作を生み出してきたコンビが描く主人公は「合格率100%を誇る 謎多き家庭教師」。お金の使い方を通して、子供に教えるのは勉強を含めて生きていく上でとても大切なこと。本作は、トラコが家庭の教師として3つの家庭の問題を解決していく全く新しいホームドラマだ。


トラコ(橋本愛)が最初の授業で向かったのは、新聞記者の母・中村真希(美村里江)が、一人娘・知恵(加藤柚凪)の有名私立小学校合格に躍起になる中村家。そんな中村家で、トラコが知恵に教えるのは、お受験の勉強ではなく、なぜか「1万円で幸せになる方法」。


有名私立へのお受験を控えた純真な女の子・中村 知恵役に抜擢されたのはドラマ『監察医 朝顔』シリーズの愛らしい演技で話題を呼んだ、加藤柚凪(7)。


【画像】加藤柚凪の姿も『監察医 朝顔』上野樹里ら豪華4ショット


初回スタートを前に撮影現場でのインタビューが到着した。



いよいよ、第1話が始まりますが、現場の様子はどうですか?

加藤:たのし~い!たいへんよりもたのしい。ママとパパもトラコ先生もやさしくて大好き。(撮影の合間に)トラコ先生とちえちゃんのへやにあるペグ(パグの抱き枕)であそぶのがたのしい。


―知恵ちゃんを演じるのに心がけていることはなんですか?長いセリフもありますが?

加藤:ちえちゃんは、いわれたことはやるけど、じぶんからこれしようあれしようみたいなことは考えない子。おしばいするときはどう思って(このセリフを)いうのかなっていうのを考えてる。その子のきもちに合わせて不安な顔したりたのしい顔したり変顔したり。目がうるんだり、泣くシーンとかはちょっとたいへんだった。


―トラコ先生の授業を受けてみてどうですか?

加藤:ちょっとヘンだな~っておもう(笑)。1万円で(これまで自分が)行ったことないところに行ったり、どういうことするのかわからないところ(場所)もあった。


―1話ではお金の1万円が出てきますが触ったことはありましたか?

加藤:1万円はない。初めて(1万円札を)持った。真ん中に上半身しか見えないちっちゃいおじさんがいた(笑) 


―1話で見て欲しいところはどこですか?

加藤:初めてジェットコースターに乗ったところ。ジェットコースターに(生まれて)初めて乗ったの!先生と一緒に「なんで2周するの~」って言いながら乗って、怖かったけど楽しかった。ちえちゃんといっしょにいっしょうけんめい考えながらがんばるので、ぜんぶ見てください!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)