RADWIMPS ドラマ『石子と羽男』主題歌解禁、音楽的挑戦ふんだんに

TV 公開日:2022/07/15 15
この記事を
クリップ

TBS金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』主題歌として書き下ろしたRADWIMPSの新曲『人間ごっこ』が、来週7月22日(金)より配信リリースになる。



本日のドラマ初回放送で楽曲が初解禁になり話題になっている新曲『人間ごっこ』は、野田洋次郎がドラマのコンセプトに共感し、台本を熟読したうえでドラマの演出を担当する塚原あゆ子氏や新井順子プロデューサーらと打ち合わせを重ね楽曲を完成させたもの。野田洋次郎も「音楽的にもふんだんに挑戦をさせてもらいました。」とコメントしている通り、ドラマに彩を添えている。


また、楽曲のティザー映像と共にジャケットビジュアルも解禁に。「目」が印象的な今回のジャケットビジュアルは、野田洋次郎の目を撮影し、光彩などを合成加工してデザインされたもの。世の中を、自分自身を、そして物事の本質を見つめる眼差しを彷彿させる「眼球」をモチーフに、楽曲がもつ鮮烈な煌めきを表現したビジュアルが誕生した。


ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』は有村架純中村倫也がW主演するリーガル・エンターテインメント。4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石田硝子と、司法試験予備試験と司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男。正反対のようでどこか似た者同士の2人が、“カフェでスマホを充電したら訴えられた!”など、人々の生活の中に潜んだトラブルに挑む中で自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。


<RADWIMPS・野田洋次郎コメント>

このドラマは爽快で明るくテンポ感のある作品でありながら、今の時代の現実もしっかりと映す役割を果たしたいというお話を塚原監督との打ち合わせでお聞きしました。

現実に今日本で起きている裁判などの話を聞き、それを頭で反芻する中で歌詞の断片を紡いでいきました。

この曲がドラマ「石子と羽男」と一緒に育っていってもらえたら幸せです。

音楽的にもふんだんに挑戦をさせてもらいました。是非週末の入り口に、頭をブンブン振りながら気持ちよく聞いてもらえたらと思います。


<ドラマ プロデュース・新井順子コメント>

今回RADWIMPSさんと主題歌制作の打ち合わせをさせていただきました。制作側の言葉をひろってもらい「人間ごっこ」が生まれました。

野田さんの優しい歌声、優しいメロディが心にズシンと響く楽曲で、石子と羽男に相談にきた依頼人たちが一歩前に進む姿が目に浮かびました。第1話で初めて楽曲が披露されます。視聴者の皆さんにどのように届くのか楽しみです。


<ドラマ演出・塚原あゆ子コメント>

だいぶ前から、ご一緒したいと思っていたので、今回本当にうれしいです。

デモをいただいて、毎日聴いて。

主題歌も一緒に世界を作ってくれているなと、実感しています。

言葉の選び方、するりと心に入ってくる声、全てが素晴らしいです。

物語が進むに連れて、また味わいも変わっていくと思います。

是非、お楽しみに。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)