間宮祥太朗、“運動神経がいいはず”なのに失敗の連続 スパイ候補に浮上

TV 公開日:2022/07/19 7
この記事を
クリップ

博多華丸・大吉千鳥が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティー『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』。豪華ゲストとのスタジオゲームや大はしゃぎのロケなど、華大&千鳥が先輩後輩の垣根や体力の限界を超え、全力で笑いを提供している。今回は、斉藤慎二ジャングルポケット)と間宮祥太朗をゲストに迎えて「スパイ7分の1」に挑戦。7人のうち1人は、事前にくじ引きで決定した“スパイ”で、他のメンバーにバレないようにゲームを失敗させようとする。果たしてスパイを見抜くことはできるのか。進行は濱家隆一かまいたち)が務める。



「スパイ7分の1」企画の第一回目の放送を見たという間宮は「ノブさんがスパイだとわかりました」とスパイを見抜く自信がある様子。斉藤も「演技力に定評があるということで呼ばれたのかな」と余裕を見せる。


最初のゲーム「ターンテーブル空き缶積み」では、運動神経がいいはずの間宮が失敗の連続。「あまりにも下手やった」(大悟)とスパイ候補に浮上してしまう。間宮は「ノブさんが怪しい」と指摘するが、大悟は「意外とノブはないと思う。カメラが止まっている時、缶でずっと遊んでいた。スパイやったらあんな余裕ない。(ノブは)テレビですっごい緊張するんやから」と、イジりながら相方だからこそ分かる持論を展開する。


2つ目のゲームは、演技力が試される「熱演キーワード」。挑戦者は与えられたお題を、声と表情だけで演じ、他の6人はその演技を見てお題を予想し、全員正解を目指す。俳優の間宮は「結構なプレッシャーですね」とプライドをかけて挑む。そして、斉藤がこん身の演技を披露し、うなずくメンバーが多い中、「ちょっと待って!」とひっかかる華丸とノブ。そんな不自然な行動に対して「あぶり出されたスパイ候補が2人」と、山内は疑いのまなざしを向ける。


最後のゲームは、バランスボールに座った4人が連動した棒をつかんで足を浮かせる「連動バランスボール」。「ノブさんガッカリっすわ」(間宮)「間宮が大立ち回りしとる!」(ノブ)と、スパイのなすり合いが勃発。運動神経ゼロの大吉は、そもそもチャレンジにならず、「こんな人間もおるとですたい」と嘆き崩れる。さらに、ある人物が不自然に棒を引っ張り、妨害疑惑が浮上。「これはひどい!」(斉藤)「綱引きやってたんですか?」(間宮)「ソーラン節の引き方してましたよ」(山内)と、指摘が止まらない場面も。


結果発表では、衝撃の展開にスパイ以外の全員から「怖い怖い!!」と絶叫の嵐。果たしてスパイは誰なのか。


■『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』

7月19日(火)よる10時20分~11時14分放送(全国ネット)

※サッカー中継延長に伴い開始時間が変更となる可能性あり

(C)カンテレ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)