月10『魔法のリノベ』第2話ゲスト解禁、水野美紀が“大好きな俳優さん”野間口徹と夫婦役

TV 公開日:2022/07/18 9
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)の第2話に、水野美紀野間口徹がゲスト出演する。



第2話に水野美紀&野間口徹が出演

本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”。


7月25日(月)放送の第2話に、水野美紀と野間口徹の出演が決定した。2人は、寝室のリノベーションを考え、「まるふく工務店」に見積もり依頼をする河内夫婦を演じる。 


水野が演じるのは、営業職として朝から精力的に活動する、さっぱりした性格の河内千聖。


一方、野間口が演じるのは、システムエンジニアの夫・享明。


互いに家で過ごすことが好きなインドア派で、結婚して18年、自他ともに認める仲良し夫婦だ。


夫婦の“あるある”ともいえる寝室問題。そこには、長年連れ添ったからこそ口に出せない夫婦の本音が潜んでおり、小梅と玄之介は、開けてはいけない“パンドラの箱”を前に考えをめぐらせる。そこへ小梅の元彼であり、大手「グローバルステラDホーム」の営業・久保寺(金子大地)も相見積もりにやってきて、直接対決をすることに。はたして、小梅と玄之介は、40代共働き夫婦の河内夫妻に、どんなリノベーションを提案するのか?次回の2人の活躍にも注目だ。


息の合った絶妙な掛け合いで夫婦の“リアル”を見事に演じ、ドラマにコミカルなテンポを吹き込む水野美紀、野間口徹からコメントが到着した。


コメント

<水野美紀(河内千聖役) コメント>

Q.台本や原作を読んだ際の感想をお願いします。

もともと、内見が趣味で、インテリアが大好きで、毎年1回引越しをしていました。自宅をリノベした事もあります。このドラマは、リノベのビフォー・アフターが見られ、その過程の人間ドラマが楽しめ、リノベのHOW TOも学べるという、夢のような内容だと思いました。


Q.水野さんは、演じる河内千聖をどういう人物と捉えていますか?

今回は、ごく普通の常識的な感覚を持つ人物と捉えて、フラットに現場に臨みました。セリフのやり取りの中で自然に出て来る状態を楽しみました。


Q.共演の野間口徹さんの印象は?

大好きな俳優さんです。とても繊細で面白くてテクニカルなお芝居をなさる方。そして上品な方。ニュアンスの機微を豊かに表現される方。野間口さんとセリフを交わすのはとても楽しかったです。


Q.主演の波瑠さんや、間宮さんの印象など、撮影中のエピソードをお教えください。

波瑠さんは他のドラマでは見た事のないコミカルな一面が見られました。間宮さんは器用な方。みんなでアイデアを出し合って、シーンが膨らんでいきました。


Q.第2話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

インテリア好きな方、リノベに興味のある方、必見です。ドラマとしての見どころも盛りだくさん。平和な気持ちで楽しめると思います。


<野間口徹(河内享明役) コメント>

Q.台本や原作を読んだ際の感想をお願いします。

今までは、さほど意識した事はなかったですが、この先、妻と二人になったら…と考えるようになりました。


Q.野間口さんは、演じる河内享明をどういう人物ととらえていますか?

思いやりのある、優しい人物だと思いました。奥さんのことが大好きだということが、セリフを言うたびに、増していく役でした。


Q.共演の水野さんの印象は?

水野さんは、常に明るく、現場を盛り上げてくれる存在で、非常に助けられました。


Q.主演の波瑠さんや、間宮さんの印象をお教えください。

お二方共に、とても落ち着いていて、とても居心地の良い現場でした。


Q.第2話のみどころ、視聴者へのメッセージをお願いします!

伝えにくいこと、伝えなくてはならないこと、それが、リノベーションという行動で上手にパズルのようにハマっていきます。40代のご夫婦は、「あるあるー」「だよねー」と言いながら、観ていただけたらうれしいです。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)