金曜ロードショー『竜とそばかすの姫』放送日決定 細田守監督史上最大のヒット作

TV 公開日:2022/07/15 7
この記事を
クリップ

金曜ロードショーでは、先週、放送を延期した、スタジオ地図作品、細田守監督の『竜とそばかすの姫』を、改めて9月23日(金・祝)に地上波初放送することを決定した。



2021年の国内興行収入第3位となる66億円の大ヒットを記録し、細田監督史上最大のヒット作となった本作は、カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」に選出されたほか、世界各国で大好評を博している。



『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインに据えた、細田守作品の集大成ともいえる本作。母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、”もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。現実世界と仮想世界2つの世界が、最高峰のアニメーションと音楽の融合によって圧倒的スケールで描き出される、かつてない映画体験を楽しんでみては。


<あらすじ>
自然豊かな高知の田舎町に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。

母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、<As(アズ)>と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けた<As>としては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった———



■『竜とそばかすの姫』(2021年)
地上波初放送・本編ノーカット
9月23日(金)9時00分~11時24分※放送枠30分拡大
【声の出演】
中村佳穂 成田凌 染谷将太
玉城ティナ 幾田りら 役所広司 佐藤健
【原作・脚本・監督】細田守
【企画・制作】スタジオ地図
【音楽監督/音楽】岩崎太整 
【音楽】Ludvig Forssell 坂東祐大
【メインテーマ】millennium parade × Belle『U』

🄫2021 スタジオ地図

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)