『幽☆遊☆白書』北村匠海“幽助”のライバル“桑原”役は上杉柊平「非常に贅沢な現場」

TV 公開日:2022/07/19 6
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、企画・製作をするNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』を2023年12月に配信する。





幽助、蔵馬、飛影ら主要キャストが連日解禁

1990年から4年間、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された伝説的大ヒット漫画『幽☆遊☆白書』(ジャンプ・コミックス刊)。第1話で主人公が死亡するという衝撃的な展開で連載がスタート。人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。連載ごとに成長を続けるキャラクターと迫力満載のバトルシーンが読者の心を掴み、男女を問わず爆発的人気となる。そして、連載終了から四半世紀経った今も、ファンの間で語り継がれている言わずと知れた名作『幽☆遊☆白書』がNetflixでかつてないスケールでドラマシリーズ化。連日、主人公・幽助、そして蔵馬、飛影と主要キャストの解禁が続き、SNS、ならびにネット上で話題を独占している。


幽助のライバル 桑原役は上杉柊平

この度、北村匠海演じる幽助のライバルであり、原作ファンから根強い人気を誇る桑原和真役を、2016年NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などに出演、さらには歌、ドラマ、映画、CM、PVなど様々なシーンで活躍の幅を広げている上杉柊平が演じることが解禁された。またあわせて上杉演じる桑原のキャラクターアートも初解禁となった。


桑原は幽助のライバルを自称する、喧嘩っ早いお調子者。しかし、人情深く心優しい漢気溢れる一面も併せ持つ。解禁されたキャラクターアートでは、原作の桑原のトレードマークである青の学ラン姿と気合の入ったリーゼントヘアがスタイリッシュな現代版にアップグレードされている印象的な1枚となっている。


桑原を演じるにあたって上杉は、「大人になって感じた、実直で無骨、愛に溢れ、自分の信じたことに真っ直ぐに突き進める桑原和真という最高にかっこいい人物を演じることが出来る事を大変嬉しく思いました」と熱く語り、また撮影現場での様子について「見た事のない大きさのセットや、初めて体感した規模のCG用の撮影方法、全国各地で行われたロケに超一流のチームが揃っての撮影、非常に贅沢な現場だと感じながらも、自分もその一部なのだと心を奮い立たせ毎日を過ごしていました!」と興奮冷めやらぬコメントを寄せている。


遂に幽助を始めとする蔵馬、飛影、桑原の4人が解禁となったNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』。果たして、この4人に立ちはだかる宿敵、そしてあのキャラクター達は一体誰が演じるのか。90年代から今なお人々を熱狂させる伝説の漫画が今、実写ドラマとして新たな熱狂を生む。Netflixシリーズ『幽☆遊☆白書』はNetflixにて2023年12月、全世界独占配信。


1/2ページ