志尊淳『幽☆遊☆白書』“蔵馬”役に決定、人気キャラに「演じることへのプレッシャーも」

TV 公開日:2022/07/17 11
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、企画・製作をするNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』を2023年12月に配信する。





幽助役は北村匠海

1990年から4年間、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された伝説的大ヒット漫画『幽☆遊☆白書』(ジャンプ・コミックス刊)。第1話で主人公が死亡するという衝撃的な展開で連載がスタート。人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。連載ごとに成長を続けるキャラクターと迫力満載のバトルシーンが読者の心を掴み、男女を問わず爆発的人気となる。そして、連載終了から四半世紀経った今も、ファンの間で語り継がれている言わずと知れた名作『幽☆遊☆白書』がNetflixでかつてないスケールでドラマシリーズ化。昨日遂に主人公・浦飯幽助役を北村匠海が演じることが発表され、SNS上などで話題沸騰となった。


人気キャラクター蔵馬は志尊淳

その興奮も冷めやらぬ中、主要キャラクターである蔵馬役を、ドラマ、映画、声優と幅広いジャンルで作品毎に確かな演技力で魅了する志尊淳が演じることが解禁。またあわせて志尊演じる蔵馬のキャラクターアートも初解禁となった。


蔵馬は非常に力の強い妖怪で、ある重要な目的の為に魔界の三大秘宝を盗み出すが、やがて幽助と共に妖怪たちと戦うことになる。浦飯幽助に続き解禁されたキャラクターアートでは、トレードマークであるロングヘアと赤髪もそのままに、ビジュアルから漂う中性的で妖艶な雰囲気もまさに蔵馬そのものである。


原作ファンの中でも常に上位の人気キャラクターである蔵馬を演じるにあたり志尊は、「世界中に沢山のファンがいるこの作品で蔵馬というキャラクターを演じることへのプレッシャーも芽生えましたが、監督は僕の初映像作品、主演作を撮って下さった月川監督。10年以上前から成長した姿を見せたい、月川監督が舵を切る作品の力になりたいという気持ちが強くやらせていただきました」と本作の重要キャラクターを演じるプレッシャーを語りつつも、「この作品ではそれぞれ違う思いの中、それぞれを尊重し合い、時にはぶつかりながらも、何か、誰かの為にみんなで闘っている。時代は変われどどの時代に生きていても共鳴できるものがあると感じます」と、30年以上に渡って愛され続ける本作の魅力を熱く語る。


遂に解禁となったNetflixシリーズ「幽☆遊☆白書」。果たして幽助、蔵馬に続き、他のキャラクターは一体誰が演じるのか。90年代から今なお人々を熱狂させる伝説の漫画が今、実写ドラマとして新たな熱狂を生む!Netflixシリーズ『幽☆遊☆白書』はNetflixにて2023年12月、全世界独占配信。


1/2ページ