平手友梨奈、天使と悪魔の二面性にハマる『六本木クラス』物語本格参戦に期待の声続々

TV 公開日:2022/07/14 14
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演を務めるドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日、毎週木曜21時~)の第2話が14日放送され、平手友梨奈が物語に参戦した。竹内演じる主人公・新と衝撃的な出会いを果たしたシーンにSNSは大盛り上がり。先週に引き続きTwitterでは『六本木クラス』と合わせて平手の名前がトレンド入りを果たしていた。



平手が演じる麻宮葵は、IQ162で運動神経も抜群、芸術的な才能にも恵まれた高校三年生。さらにフォロワーが70万人もいるインフルエンサーという役どころ。第2話では、竹内演じる新と平手演じる葵の初対面のシーンが描かれた。



ある日、葵のクラスでいじめが起き、葵はその様子を自身のSNSで実況中継を行う。その投稿をいじめっ子の母親が見ており、怒った母親から呼び出され葵はビンタされてしまう。しかし、葵はビンタされた瞬間を動画で撮影しており、怯むことなくいじめっ子の母親を煽りはじめる。激高した母親からもう一発ビンタされそうになったその瞬間に、偶然にも通りがかった新が止めに入ろうとするが、葵は「お返しです」と母親にビンタをし返す。その上、助けてくれようとした新にその場しのぎの嘘をつき「うっそぴょーん」とおどけた表情をみせ、颯爽とタクシーでその場を去ってしまう…、という新と葵の衝撃的な出会いのシーンが描かれた。


天使のような笑顔をみせたかと思いきや、知略を巡らせ“敵”と認定した相手には容赦ない行動をとる“悪魔的”な側面をみせた葵を見事に演じていた平手の演技にに、SNSは「平手さん最高!」「ハマり役!」「葵ちゃんにビンタされたい。笑」と大反響。金髪でハイブランドのジャケットを颯爽と着こなす姿にも「すっごいおしゃれでかわいい!」「すごく似合ってる~!」「ビジュアルもドはまりしてる!」と話題となっており、今後平手演じる葵の一挙一動に期待と注目の声が集まりそうだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)