志田未来、松本潤主演『どうする家康』で大河ドラマ初出演「緊張感でいっぱいです」

TV 公開日:2022/07/14 5
この記事を
クリップ

女優の志田未来が、松本潤が主演を務める2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』に出演することが発表された。志田は今回が大河ドラマ初出演となり、今川・北条・武田が三国同盟を結んだ折に、今川氏真(溝端淳平)に嫁いだ北条氏康の娘・糸(いと)役で出演する。





本作は、徳川家康の生涯を、脚本の古沢良太がこれまでとは違う視点で描き、新たな家康像に迫る物語。徳川家康役を松本潤が演じる。志田が演じる糸は、今川氏真(溝端淳平)に嫁いだ北条氏康の娘で、義元亡き後、家臣たちの裏切りが相次ぐ中、孤独を極める氏真を支える。物静かでおっとりとした性格だが、奥底には北条家の女らしく、強い意志を秘めている、という役柄を演じる。


糸を演じることについて、志田は「多くを語ることのない糸ですが、その中にも強さや優しさ、愛情をたっぷりと感じました。一度嫁いだ身、妻として夫となる今川氏真の側で、命ある限り支えたいという強い思いに胸を打たれました。その思いを観てくださる方にしっかり届けられるように演じていきたいです。」とコメント。自身初の大河ドラマ出演となるが、「大河ドラマは、まだまだ遠い存在だと思っていました。まさか出演させていただけると思っていなかったので、とても光栄です。それと同時に今までに感じたことのない緊張感でいっぱいです。「どうする家康」の世界に入れること楽しみにしています。」と心境を明かした。


また、今作が古沢作品に初参加。「初めて参加させて頂きます。古沢良太さんの作品は、想像を超えるエンターテイメントなキャラクターを生み出し、そこにリアリティを感じさせるセリフが魅力的だと、いつも引き込まれていました。「どうする家康」でも人間味あふれる人物たちと出会えることが楽しみです。」と意気込みを語っている。


最後に、糸の夫・今川氏真を演じる溝端淳平については溝端淳平さんと作品でご一緒させていただくのは10年以上ぶりになります。前回は、刑事と犯人という役柄での共演でしたが、今回は夫婦役という、とても近い間柄になります。短い期間ではありますが、どんな夫婦像を作り上げられるかワクワクしています。」とコメントを寄せた。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)