『オクトー』橋本マナミの“怪演”に期待、不可解な感情に飯豊まりえ&浅香航大が迫る

TV 公開日:2022/07/14 11
この記事を
クリップ

本日7月14日よる11:59から第2話が放送される『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。第2話のゲストは橋本マナミ。出演者たちの“怪演”に 期待が高まる。



2022年7月期日本テレビ系木曜ドラマはドラマ完全オリジナル作品『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。「感情の“色”は、嘘をつかない」愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つけ出す心野朱梨。彼女には、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。人の“感情の色”が見える変わり者の女性刑事が感情見え見えのエリート崩れ男性刑事とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス。


心野朱梨(飯豊まりえ)と風早涼(浅香航大)は、小説家・鈴本千弦(橋本マナミ)の事情聴取を行う。


千弦の夫・拓人(吉岡睦雄)と、同じマンションの上階に住む女性・美琴(浦郷絵梨佳)が遺体で発見された。美琴は刃物で数ヵ所刺されて死亡。拓人は刃物が腹に刺さったまま死んでいた。現場の状況から、拓人が美琴を刺した後に自殺したと思われた。千弦は、夫が殺人を犯すとは信じられないと証言し、悲しみに暮れていた。朱梨は千弦の話を聞きながら、黄色のパステルで線を描いていく。朱梨は風早に、黄色は喜びの色だと告げる。夫が他の女性を殺して一緒に死んだのに、なぜ千弦は喜んでいるのか? 千弦から見える不可解な感情に、この事件の秘密が隠されていて――!?


不倫相手を殺害したのち自殺した男。残された小説家の妻が抱いたのは、なぜか“喜び”の感情だった――

そして…朱梨と紫織姉妹の人生を変えた15年前の一家殺人事件も次第に明らかに。

【第1話】『オクトー』飯豊まりえ 本田望結らの迫真の演技に称賛の声、見えた“色”は…


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)