竹内涼真VS香川照之『六本木クラス』第2話は巨大権力への“復讐”が本格始動

TV 公開日:2022/07/14 5
この記事を
クリップ

竹内涼真が主演を務めるドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日、毎週木曜21時~)の第2話が今夜拡大スペシャルで放送される。

2020年1月から3月に韓国で放送され大ヒットとなり、2020年3月からNetflixで配信されると、日本でも大ブームを巻き起こした韓国ドラマ『梨泰院クラス』。そんな超話題作を、梨泰院から舞台を東京・六本木に移し翻案した漫画『六本木クラス』を「日韓共同プロジェクト」としてリメイクした本ドラマ。


主人公の宮部新役を竹内涼真、新と敵対する長屋ホールディングスに勤める新の初恋の人・楠木優香役を新木優子。フォロワー76万人を誇るインフルエンサーで、新に出会ったことで人生が変わり始める高校生・麻宮葵役を平手友梨奈。そして、新の宿敵となる日本の外食産業トップに君臨する長屋ホールディングス会長で創業者・長屋茂役を香川照之が演じる。



第2話では、長屋龍河(早乙女太一)への殺人未遂で服役することになった宮部新(竹内涼真)のもとへ、楠木優香(新木優子)が面会にやってくる。新は服役中に長屋茂(香川照之)の自叙伝を読み始め、自分も飲食店を始めたくなったと伝える。優香から「復讐ってこと?」と思いがけず聞かれた新は、その言葉にはたと気づかされ、心が満たされるような感覚を覚える。そして「復讐」という人生の目標を見つけることに――。


月日が経ち出所した新は、手紙で優香がアルバイトをしていると言っていた六本木を訪れる。ちょうどその日は夏祭りのイベントが開催されており、賑わう人に圧倒される中、新は優香と偶然の再会をはたす。2人はお互いの近況を語り合い、間もなく大学を卒業する優香は、長屋ホールディングスに就職することを伝える。一方の新は、長屋を超えるために7年後、この六本木に店を出すことに決めたと宣言。家賃が高く、競合も多い六本木への出店という現実的ではない夢に、半信半疑の優香だったが…。 

そして7年後の2017年――。新は宣言通り、六本木に自分の居酒屋「二代目みやべ」をオープンすることを実現させる。初日を迎え、厨房担当の綾瀬りく(さとうほなみ)とホール担当の内山亮太(中尾明慶)と共に気合いを入れる新だったが、客は一向に入らず…。

同じ頃、高校生でSNSのフォロワー数70万人のインフルエンサー・麻宮葵(平手友梨奈)は、クラスで起きたいじめの様子を自身のアカウントに生配信する。いじめを行っていた生徒の母親は大激怒。呼び出された葵がその母親から叩かれそうになっていたところを、偶然出くわした新が止めに入る。すると、その隙に今度は葵が相手の母親に一発お見舞いして逃げてしまい…!


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)