北川景子『どうする家康』お市役で出演決定、兄・信長役の岡田准一は「カリスマ的」

TV 公開日:2022/07/13 9
この記事を
クリップ

女優の北川景子が、松本潤が主演を務める2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』に織田信長の妹・お市役で出演することが発表された。北川の大河ドラマへの出演は2018年の『西郷どん』以来2作目となる。

本作は、徳川家康の生涯を脚本の古沢良太がこれまでとは違う視点で描き、新たな家康像に迫る物語。徳川家康役を松本潤が演じる。

今作で北川が演じるのは、信長・秀吉・家康をつなぐ運命の女・お市。岡田准一が演じる織田信長の妹で、織田と徳川が盟約を結ぶのをきっかけに、家康と数奇な運命をともにすることになる。近江・浅井家に嫁ぐものの、兄・信長のせいで乱世の渦に巻き込まれる。そして彼女が生んだ三人娘もまた、家康の生涯に大きくかかわることになる。





北川はお市の印象について「戦国の乱世で家系の存続のため、家族を守るため、自分の命を全うした人物です。家のためとか家系のためと言うとそこには自分の意志とか尊厳がないように聞こえますが、私はそうではなかったと思っています。戦国に生きた武将、そしてその家族たちにとって家系の存続は何よりも重要なことであり、そのために自分がどう役に立てるのか、ということをお市の方は常に考えていて、その生き方に誇りを持っていたと思います。何のために生きて、どんな死に方をするか。冷静に判断できる聡明さと、強さ、家族に対する愛、家の誇りを表現していきたいです。リハや撮影では、久しぶりの大河ドラマですので前回はどんな感じだったかなと記憶を辿りつつ、初めての時よりは少し余裕を持て、良い緊張感でクランクインできました。作品をご覧になる方々に楽しんでいただけるよう、私も楽しんで撮影したいと思います。初めて共演する方々ばかりなので、コロナ禍ではありますがコミュニケーションを大事にしていきたいです。」と意気込みを語った。


また、脚本を担当する古沢良太の作品の魅力について、「様々なジャンルの作品を書いていらっしゃいますが、どの作品でも登場人物のキャラクターやセリフに古沢さんのユーモアが散りばめられていると感じます。私は映画でご一緒しましたが、どうしようもない生き方をしているキャラクターに笑いと、共感と救いを与えてくださって、演じる役者への愛情を沢山感じました。どうする家康の脚本を執筆するにあたっても尋常ではないほどの取材をされていると聞きました。今回もどのように書いてくださるのかとても楽しみです。」とコメントした。


兄・信長役を演じる岡田について「まだ二日ほどですが、初めてお会いしたリハーサルでは岡田さんが演じられる信長の凄みに圧倒されました。セリフ、言わなきゃ、と思えば思うほど喉が締まって足がすくむ状態でした。強くて、怖くて、周りが自然と平伏してしまう、カリスマ的な信長でした。妹なので、私も強くいきます。」と印象を明かした。


また、主演の松本潤とは今作が初共演。「よく番組でご一緒していたので初めてという感じがしませんが、初めて共演します。主演でありながらも現場の進行や共演者への気遣いを常に絶やさない方でした。先は長いので、温存しつつ、現場周りのことはわたしたち周りに頼ってください」と語り、共演を楽しみにしている出演者を聞かれると、「ムロさん。リハの時にお話しできて楽しかったです。ご一緒のシーンがあるのかどうか…。音尾さん、山田さんともしっかりご一緒するのは初ですが、お稽古でもご一緒して、初日の撮影もご一緒して、お二人がいらっしゃると心が和みます。」とコメントしている。


※本記事は掲載時点の情報です。