ディーン・フジオカ『パンドラの果実』クローン小学生?前代未聞の事件に黒幕の影

TV 公開日:2022/07/13 10
この記事を
クリップ

想像できる未来は、全て現実となる――。科学を人類の光と信じ、希望を託し続ける警察官僚・小比類巻祐一(ディーン・フジオカ)×科学の闇に警鐘を鳴らす天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)×ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)が、法整備や警察機構の対応が追い付いていない“最先端科学にまつわる犯罪”を捜査する新時代のサイエンスミステリー『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』。日本テレビ系で放送されていたSeason1に続き、オンライン動画配信サービスHuluでは、Huluオリジナル『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』Season2を独占配信中。



現在配信中の第3話では、婚活パーティー会場で発生した立て篭もり事件に、公安捜査官・手塚(池内万作)が裏で手を回していたことが判明。そこには、過去に起きた事件の復讐心が絡んでいて・・・。さらに、最上によって「パクス計画」の被験者たちの凶暴化を招く因子も特定され事件は収束に向かうも、肝心の「パクス計画」とその裏に潜む九竜(升毅)殺害の黒幕である「ライデングループ」については、警察上層部からの圧力により捜査が打ち切りに。多くの謎を残しながら、物語はいよいよ後半戦へ突入していく。


今週7月16日(土)から配信される第4話では、とある事件の関係者である少年を巻き込んだ交通事故が発生。事故現場から見つかった2人の遺体のうちの1人は、DNA鑑定の結果、元警察官僚で後ろ暗い噂の多い衆議院議員・葛原善治(62歳)だと判明する。しかし、遺体はどう見ても少年の姿。これまで最先端科学にまつわる様々な事件を解決してきた科学犯罪対策室のメンバーも、この前代未聞の事態に驚きを隠せない様子。


さらにもう1人の遺体の身元を辿っていくと、どうやら「パクス計画」に関わる一連の事件の黒幕である「ライデングループ」日本支部の沢田(平山浩行)がまたもや絡んでいるようで…!?検死の結果から少年が臓器移植のために造られたクローンであると推測した小比類巻らは、真相を探るべく沢田のもとを訪ねる。一方、事故現場から姿を消したと思われるもう一人の少年について情報を持っているというフリージャーナリスト・郡山遼(深水元基)が小比類巻と最上に接近してきて――。


果たして小比類巻ら科学犯罪対策室メンバーは、行方不明の少年を見つけ出し、裏に潜む「ライデングループ」の闇を暴くことができるのか。ますます目が離せない物語の後半戦に期待が高まる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)