令和版『パパとムスメの7日間』放送記念に舘ひろし&新垣結衣版の全話配信決定

TV 公開日:2022/07/13 7
この記事を
クリップ

TBS深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」の 3作目として7月26日(火)からスタートする令和版の『パパとムスメの7日間』の放送を記念して、動画配信サービス「Paravi」と「U-NEXT」、民放公式テレビポータル「TVer」、そして「GYAO!」「TBS FREE」では、2007 年 7 月期に日曜劇場枠で放送されたオリジナル版『パパとムスメの7日間』を2022年10月12日(水)まで期間限定で配信する。


五十嵐貴久の同名小説を原作に映像化し、2007年7月から日曜劇場枠で放送された『パパとムスメの7日間』。主演の舘ひろしが父親役、新垣結衣がムスメ役を演じた人気ドラマが、15 年ぶりに復活することが決定。今回の令和版では、ムスメの恋愛を中心としたラブコメディとしてリメイクされる。



令和版もオリジナル版同様、冴えないサラリーマンのパパ・恭一郎とイマドキの女子高生・小梅が事故に巻き込まれ、お互いの人格が入れ替わってしまうことからスタート。令和版では、入れ替わったパパとムスメが元に戻れる日を信じて奮闘する従来のストーリーに加え、意中の健太先輩と結ばれたい小梅と、健太先輩にムスメを奪われたくない恭一郎、そして小梅より恭一郎の性格に惹かれているかもしれない健太先輩という“パパとムスメとカレ”の奇妙な三角関係を描く。


主人公・川原小梅を演じるのは、TBS スター育成プロジェクト『私が女優になる日_』で約 9,000 人の中から初代グランプリに選ばれた飯沼愛。昨年、TBS 初のよるおびドラマ『この初恋はフィクションです』でドラマデビューを初主演で飾った飯沼にとって、今作が2度目の主演となる。演じる小梅はまっすぐでイマドキな女子高生だが、大好きな健太先輩の前では本当の自分が出せずにいる。そんなある日、大嫌いなパパ・恭一郎と人格が入れ替わってしまい、パパに健太先輩との恋路を阻まれる異常事態に...。姿は小梅で中身はパパという難役を飯沼がどう演じるのか楽しみだ。


小梅が片想いしている憧れの先輩・大杉健太を演じるのは、今勢いのあるアイドルグループ、なにわ男子長尾謙杜。健太は女子たちが憧れるサッカー部のエースストライカーで、学校イチの人気者。まじめで誠実、礼儀正しい好青年だが、サッカー一筋なあまり、女性に不慣れで奥手という一面も。そんな健太は 2 人の入れ替わりに気付かず、中身がパパの小梅にどんどん惹かれていってしまう...。長尾と飯沼のやりとりに注目だ。


そして、パパ・川原恭一郎を演じるのは、数々のドラマや映画、舞台に出演し幅広く活躍する実力派俳優の眞島秀和。恭一郎は冴えないサラリーマンでちょっぴり頑固な性格。ここ数年は愛娘の小梅に避けられ、関係もギクシャクしている。ムスメを奪われたくない恭一郎は、人格が入れ替わったのをいいことに、憧れの健太先輩との恋が実らないようあの手この手で作戦を仕掛けていく! パパ・恭一郎の心のまま、女子高生の小梅として生きるという、眞島にとって新たな境地といえる役どころに期待が高まる。




ある日突然、「大キライなパパ」と「最愛のムスメ」の人格が入れ替わったら......?姿かたちや声は変わらず、人格だけが入れ替わってしまったサラリーマンのパパと高校生のムスメ。そんな2人が体験するドキドキの青春とハラハラのサラリーマン人生を描く、ハートウォーミングなホームドラマが 2007 年 7 月期に日曜劇場枠で放送された『パパとムスメの7日間』だ。原作は五十嵐貴久の同名小説。主人公のサラリーマンのパパ・川原恭一郎役を舘ひろし、高校生のムスメ・川原小梅役を新垣結衣が演じるほか、小梅が憧れる先輩・大杉健太役をNEWS の加藤成亮(現:加藤シゲアキ)が務め、放送時大人気を博した。


川原家は、ごくごく一般の家庭。サラリーマンの恭一郎は大手化粧品会社に勤めているが、出世の見込みは薄い。そんな彼の悩みは、高校 2 年生のムスメ・小梅が反抗期で口をきいてくれないこと。思春期のムスメはこんなものだろうと諦めていたある日、恭一郎と小梅が電車に乗っている最中に地震が発生。急ブレーキがかかり席から投げ出された小梅を恭一郎は必死に守ろうとするが......。その後、病院で目を覚ました恭一郎と小梅は、病室で互いの姿を見て驚愕する。なんと恭一郎と小梅の人格が入れ替わってしまっていたのだ。人格が女子高生の恭一郎は会社へ、人格がサラリーマンの小梅は学校へそれぞれ行くことに。その先々では、小梅が憧れる健太先輩らを巻き込みさまざまな事件が起こる。果たして、2 人はこの「誰にも言えない秘密」に襲いかかる数々の危機をどう切り抜けていくのか!? そして、恭一郎と小梅は無事、元の自分の姿に戻れるのか!?


ダンディーなイメージを覆す演技でホームドラマに挑戦した舘と、当時、期待の若手女優として頭角を現し始めていた新垣による、巧みな“入れ替わり演技”は必見。ぜひ、ラブコメディとしてリメイクされる令和版と、オリジナル版『パパとムスメの7日間』をご覧いただき違いを楽しんでいただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。