『テッパチ!』町田啓太、白石麻衣に手を差し伸べ…早くも恋の予感?

TV 公開日:2022/07/13 15
この記事を
クリップ

現在放送中の水10ドラマ『テッパチ!』は、主演・町田啓太と共演・佐野勇斗白石麻衣北村一輝ら実力派俳優陣でおくる、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた完全オリジナル企画の物語。未熟な若者たちが、陸上自衛官になるべく、さまざまな厳しい訓練を乗り越え、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。さまざまな事情を抱えた青年たちのアツい青春群像劇と、防衛省全面協力のもとお届けする駐屯地での撮影、本物の車両やヘリコプターなどのシーンでは、迫力満載のダイナミックな映像に早くも注目が集まる今作。


【関連】『テッパチ!』ヤンチャな町田啓太の成長に期待、黒髪短髪&肉体美にSNS騒然


7月13日(水)放送の第2話は、陸上自衛隊の候補生になった国生宙(町田啓太)が、同じ第一班の荒井竜次(佐藤寛太)と隊舎内のジムで乱闘騒ぎを起こしたことがきっかけで、陸上自衛隊を辞めようとするところから物語は始まる。辞めようとする宙を教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)は、「そうやって逃げ続けて生きていくのか」と挑発。「荒井と決着をつけたいのなら来週行われる体力検定の場で勝負すればいい」と発破を掛ける。八女の言葉に触発された宙は、同じ第一班の馬場良成(佐野勇斗)に立会人を頼み、荒井に勝負を申し込む。すると荒井は、「ただ勝負するだけではつまらないから、負けた方がここを辞める」という条件を出す。それ以来、宙と荒井は、訓練中はもちろん、掃除や自由時間のときですら何かと張り合うようになっていった。


この度、第2話の“胸アツ”すぎるシーンを捉えた劇中カットを一挙公開。宙役の町田と荒井役の佐藤の2ショットでは、宙と荒井の勝負となる体力検定に挑むシーンが切り取られている。闘志に燃える2人がたくましい顔つきに、それぞれ内に秘めたアツい思いが今にもあふれ出しそうな様子がうかがえる。馬場、丸山栄一(時任勇気)、武藤一哉(一ノ瀬颯)、渡辺淳史(坂口涼太郎)、小倉靖男(池田永吉)、西健太(藤岡真威人)ら第一班メンバーが見守る中、果たして、勝つのはどちらか!?“胸アツ”すぎる宙と荒井の対決は必見だ。また、馬場役の佐野の1ショットでは、訓練中も争う宙と荒井を心配そうに見つめる劇中カットが公開。“勝負に負けた方が辞める”という条件を知っているだけに不安な表情を隠しきれない馬場。真面目で心優しい性格の持ち主である馬場は、誰よりも宙のことをバディとして大切に思っている。性格は真逆のタイプだが、ともに厳しい訓練を乗り越え、月日がたつにつれ、少しずつ絆が深まる2人。それが故に、訓練中も気が気じゃない馬場…。バディを思う、切なすぎる馬場の表情にもご注目頂きたい。


宙と荒井の対決シーンや馬場のバディ愛に加え、2話では“胸キュン”シーンもさく裂。1話では、教官のひとり、桜間冬美2尉(白石麻衣)から「輪を乱す人間がひとりでもいれば命取りになる。そんな人間はここには必要ない」と𠮟責された宙だったが、早くも恋を予感させる第2話の劇中カットも公開。ある日、ランニングをしていた宙は、曲がり角で同じくランニングしていた冬美とぶつかってしまう。手を差し伸べる宙と支えられる冬美…言葉数は少ないものの少しずつ2人の距離が縮まる瞬間を捉えた一枚となっている。


さらに、冬美の道着姿の劇中カットも初公開。キリッとした表情とスッと伸びた背筋で道着に身を包んだ姿は、美しくも女性自衛官としての力強さがうかがえる。白石自身も「銃剣道のシーンは大変でした。所作も一から教わったのですが、美しく、カッコよく、凛とした姿を完璧に見せたいという思いがあり、すごく難しかったです」と、苦労したシーンとして語った一場面だ。



しかし、本シーンをそばで見ていた町田は「全然、そんなふうに見えなかった。堂々とされていて、すごかったです!」と太鼓判を押した、白石の美しくもカッコいい剣道シーンにもご期待頂きたい。


『テッパチ!』第2話は、7月13日(水)22時から放送。“やけっパチ”な考えで陸上自衛隊の道へ進んだ青年たちが、陸上自衛官になるべく悪戦苦闘しながらも、日々成長していき、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になったとき、未熟で“やけっパチ”だった人生が、本物の“テッパチ”人生へと変わっていく―!笑いあり!涙あり!知られざる陸上自衛隊の内情をリアルかつコミカルに描き、“今の私たちに必要なこと”を改めて感じさせてくれる熱血青春ドラマ『テッパチ!』。是非、第2話もテレビの前で“胸アツ”すぎる展開にご期待頂き、存分に楽しんでご覧頂きたい。


第2話あらすじ

陸上自衛隊の候補生になった国生宙(町田啓太)は、同じ第一班の荒井竜次(佐藤寛太)と隊舎内のジムで乱闘騒ぎを起こす。教官のひとり、桜間冬美2尉(白石麻衣)から厳しい言葉を言われ、陸上自衛隊を辞めようとする宙。それを知った教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)は、「そうやって逃げ続けて生きていくのか」と宙を挑発。「荒井と決着をつけたいのならケンカではなく訓練で決着をつけろ。来週行われる体力検定の場で勝負すればいい」と言うのだ。引くに引けず、それを受けた宙は、同じ第一班の馬場良成(佐野勇斗)に立会人を頼み、荒井に勝負を申し込む。すると荒井は、「ただ勝負するだけではつまらないかた、負けた方がここを辞める」という条件を出す。それ以来、宙と荒井は、訓練中はもちろん、掃除や自由時間のときですら何かと張り合うようになっていった。そんなふたりの姿を見ていた第一班の丸山栄一(時任勇気)、渡辺淳史(坂口涼太郎)、小倉靖男(池田永吉)、西健太(藤岡真威人)は、どちらが勝つか賭けよう、と言い出すが、真相を知っている馬場は一人心配していた。そして、体力検定の日がやってきて…。



『テッパチ!』

毎週水曜  よる10時から放送

©フジテレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)