片寄涼太 演技の“え”の字もつかめなかった俳優業、“運命”感じた転機明かす


『兄に愛されすぎて困ってます』がきっかけで俳優業のギアが上がる

はつらつとした江藤の姿を目の当たりにして、片寄も俳優デビュー当時のことを思い出したという。


「僕なんて彼女に比べたら全然ダメだっただろうな……なんて考えていました。でも逆に当時のことを思い出して、支えてくださった人の言葉や、こういう風に言って欲しかったみたいなことも蘇ってきたので、江藤さんに対してはそういう部分も意識して接することができたと思います」。


江藤は初日の撮影のあと「もっと頑張ろうと思えた」と話していたが、片寄は演技初経験の作品が終わったあと、どんなことを思っていたのだろうか――。



「演技の“え”の字もつかめずに終わったような感覚でした。正直楽しいとは思えずしんどいなという気持ちだった気がします。そのときは『また芝居をしたい』という思いよりも、グループのために……とか、せっかく声を掛けていただけるのだから、その期待に応えたい……みたいなマインドでした」。


そんななかドラマ、映画と展開し長い期間携わった『兄に愛されすぎて困ってます』の現場で、アーティストだけではなく、俳優としてもしっかりやっていきたいと思えるようになったという。


「どの現場も共演者やスタッフさんはとても温かい人たちばかりなのですが、『兄に愛されすぎて困ってます』は長期の撮影だったこともあり、すごく仲良くなれたんです。ことあるごとに『芝居続けていきなよ』と温かい声を掛けていただき『なんて素晴らしい仕事なんだ』と思わせていただきました。芝居の現場って、いろいろな人との出会いが多く、さまざまな感情に巡り合える。自分自身をとても豊かにしてくれるんだなと、この作品で感じられたのは大きかったです」。



片寄が考える理想の座長像とは――


片寄が感じた俳優業への思い。そんなポジティブな気持ちを江藤にも感じて欲しい――。ある意味で大きな責任のある作品となった。


「年齢的にもそういう年になってきたのかなと感じる瞬間もありました。彼女にとっても女優というお仕事の第一歩の作品でもあるので、プレッシャーみたいなものはありましたが、逆に言えばその思いは自分にとってもいい経験になったと思います」。


刺激を受けたという江藤との芝居。彼女の魅力をどのように感じたのだろうか――。


「しっかり自分の頭で考えるところがすごいなと思いました。感覚でお芝居をする方っていると思うんです。僕も『この子すごい!』と思う人っているのですが、江藤さんはしっかりと頭で考えて感情を作っていく人だなと。今後、感覚的な部分も得ていくかもしれませんが、その冷静さというかしっかり考えるところは彼女の武器になるのかなと、一緒にお芝居して感じました」。


本作で地上波ドラマ初主演を果たした。現場ではどんなことを意識したのか。


「特に主演だからと意識していたわけでではないのですが、自分がネガティブな感情にならないようにというのは心掛けていました。あとは撮影時間が短かったので、スタッフさんとの空気感なども大切にしたいなという思いはありました」。


片寄にとって理想の座長像とは――。


「スタッフさんやキャストを含めてみんなの話を聞けるような人がいいのかなと思います。『片寄にだったらここまで話しちゃうな』と思ってもらえるような雰囲気を作れるような……。そういう存在になれれば、おのずと明るく楽しい現場になると思うし、お芝居も深まっていく気がするんです。その意味で今回江藤さんとはとにかくコミュニケーションをとりました。」


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 18件)