『魔法のリノベ』波瑠の愛らしいロングヘア姿や“因縁の相手”も、初回 注目の過去エピソード

TV 公開日:2022/07/12 3
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)。7月18日(月)放送の第一話に、森カンナ橋本淳の出演が決定した。


【画像】注目の第1話 場面写真



本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波瑠)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”だ。


森カンナと橋本淳の2人が登場するのは、小梅が「まるふく工務店」に転職する以前、大手リフォーム会社時代の物語。


森が演じるのは、片付けが極度に苦手な専業主婦の佐竹優香。片付けられないのは自分のせいだと、自身を“ダメ主婦”と評するほど自己評価が低い。一方の橋本が演じるのは、モラハラ気味の夫・総一朗。来客時に汚れたキッチンが丸見えになってしまうとリノベーションを依頼する。2人は、優香の希望でアイランドキッチンがあるLDKの中古物件を選んだものの、いつしかそこは、汚れた食器やごみであふれかえる、理想とはかけ離れた空間に。「まるふく工務店」と「グローバルステラDホーム」の両社にキッチンとリビングを切り離してほしいリノベーションの合見積もりを頼んだのだが…。


そんな佐竹家のエピソードでは、波瑠演じる小梅が、「グローバルステラDホーム」の営業のエースとして、華々しい活躍をしていた当時の様子が描かれる。快活な営業トークを武器に依頼主の心をつかむ一方で、ロングヘアが愛らしい小梅の過去の姿は必見。そして、その隣には、のちに因縁の相手となる、金子大地演じる久保寺の姿も…。
佐竹家に一同が集まる場面では、のちに「まるふく工務店」でバディを組むことになる玄之介と小梅が初対面を果たし、玄之介の脳裏には小梅の営業力が焼き付けられることに…!?


また、初回放送には、中山美穂寺脇康文のゲスト出演も決定している。エピソード盛りだくさんの第1話に注目だ。

【関連】月10ドラマ『魔法のリノベ』初回に豪華ゲスト2人、意外にも初共演


<第1話・あらすじ>

福山玄之介(間宮祥太朗)は、バツ2で7歳の息子・進之介(岩川晴)を育てるシングルファザー。脱サラして家業の「まるふく工務店」で営業職として働くも、人の良さからくる押しの弱さでいまだ成約ゼロ。父で社長の蔵之介(遠藤憲一)や、福山家の三男で設計士の弟・竜之介(吉野北人)から、営業マンとしての将来を不安視されている。

そんなある日、蔵之介が趣味の山登りで知り合い、意気投合したという真行寺小梅(波瑠)が、助っ人として「まるふく工務店」に転職してくる。小梅は、経験に基づいた豊富な知識と優れた観察眼を武器に、大手リフォーム会社の営業エースとして活躍。玄之介も、その手腕にかつて苦い思いをした一人だった。

小梅が玄之介の教育係を兼ねる形でコンビを組むことになった2人は、早速、リノベーションの見積もり依頼があった家へ。向かったのは、西崎万智(中山美穂)・和則(寺脇康文)夫妻が暮らす築60年の一軒家で、和則は、昔ながらの間取りや縁側など古いものを一掃し、広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと意気揚々。玄之介は、家主である和則がリノベーションに意欲的なことから、早くも成約への手応えを感じるが、一方の小梅は、営業マンとしての玄之介を0点と酷評する…。

後日再び西崎家を訪れると、そこには、上司の有川拓(原田泰造)に命じられて合い見積もりに来た、小梅のかつての後輩・久保寺彰(金子大地)の姿が。小梅は久保寺を見て明らかに動揺して!?


(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)