『オクトー』飯豊まりえ“朱梨”が見たオレンジ色の感情とは?浅香航大“風早”と事件に迫る

TV 公開日:2022/07/07 8
この記事を
クリップ

本日7月7日スタートの読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマ『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。恋人同士の心中!?仕組まれた殺人?ひとり生き残った女に見えた“期待”の感情の理由とは―。本日ついに初回放送。



新木曜ドラマは完全オリジナル作品。「感情の“色”は、嘘をつかない」愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つけ出す心野朱梨(飯豊まりえ)。彼女には、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。人の“感情の色”が見える変わり者の女性刑事が感情見え見えのエリート崩れ男性刑事・風早涼(浅香航大)とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンスだ。


東神奈川署の刑事・心野朱梨(飯豊まりえ)は、15年前に両親を亡くしたあるショッキングな事件をきっかけに、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるという能力を持っていた。ある日、18歳の少女・咲子(本田望結)が恋人の俊介(芝大輔)と一緒にホテルの非常階段から飛び降りる事件が発生。咲子は一命を取りとめたものの、俊介は死亡。警察庁から異動してきた刑事・風早涼(浅香航大)が、咲子の事情聴取を行う。


聴取に加わった朱梨は、オレンジ色のパステルでスケッチブックに線を描く。朱梨には、咲子の感情がオレンジ色に見えたのだ。オレンジ色は“期待”を意味する。朱梨は、なぜ咲子は期待を抱いたのかと疑問に感じる。恋人同士の心中と思われたこの事件には、不審な点が多かった。咲子と俊介は心中を図ったのか。それとも、巧妙に仕組まれた殺人なのか。


#数分後に死ぬカップル というハッシュタグとともにSNSに動画を残した男女…。恋人同士の心中!?仕組まれた殺人?ひとり生き残った女に見えた“期待”の感情の理由とは―


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)