『悪女(わる)』今田美桜&江口のりこの2ショットで締め「最後やっぱこの2人なの最高」

TV 公開日:2022/07/06 4
この記事を
クリップ

女優の今田美桜が主演を務めた日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』が5日、アメーバオフィシャルブログを更新。「#みんな大好き」のメッセージとともに今田と女優の江口のりこのランチショットを公開した。



1997年まで「BE・LOVE」(講談社)で連載していた深見じゅん氏によるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を、30年ぶりに再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな麻理鈴が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメント。


6月15日に最終回を迎えた同ドラマ。最終回放送後も様々な撮影オフショットや今田と石田ゆり子の新旧マリリンが笑顔で並ぶクランクアップショットなどが多数公開され、ドラマファンを楽しませている公式ブログ。この日、「ここで一区切り」と題して更新した公式ブログは、絵文字やハッシュタグを交えながら「寂しいですが」と切り出し、「番組SNSもここで一区切り たくさんのご声援本当にありがとうございました」と感謝。続けて「最後はやっぱりこの2人…」とつづり、「#みんな大好き」のメッセージとともに今田と江口のランチショットでブログを締めくくった。


この投稿にファンから「またいつかこのメンバーで続きを観たい」「本当に久しぶりに楽しいドラマ」「最後やっぱこの2人なの最高」「また会える事を祈ってます」「本当に元気が出る大好きなドラマ」などの声が寄せられている。『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』全10話やサイドストーリー『悪男(わる)~恋する男がカッコ悪いなんて誰が言った?~』全3話は、Huluで配信中。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)