月10ドラマ『魔法のリノベ』初回に豪華ゲスト2人、意外にも初共演

TV 公開日:2022/07/02 3
この記事を
クリップ

波瑠が主演を務める月10ドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジ系/毎週月曜夜10時)。本作は、大手リフォーム会社の元エース・真行寺小梅(波留)が、ワケあって街の工務店に転職、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)とバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法で”依頼人が抱える問題を解決し、人生を後押ししていく“人生再生!リノベーショお仕事ドラマ”。



この度、7月18日(月)放送の初回ゲストとして、中山美穂寺脇康文の出演が決定した。


今作がドラマ初共演となる2人は、「まるふく工務店」にリノベーションの見積もりを依頼する西崎夫婦を演じる。
中山が演じるのは、文芸雑誌の編集長・西崎万智。仕事に邁進してきたキャリアウーマンで、費用対効果をきちんと見定めるしっかりもの。一方、寺脇が演じるのは、夫でフリーライターの和則。常に明るく朗らか。少々能天気で思ったことをすぐ口にするタイプ。そんな対照的な2人が住む家は、昔ながらの構造と縁側が魅力の築60年の古民家。和則は間取りの古臭さがどうも好きになれず、リノベーションで広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと意欲満々。一方の万智は、あまり本音を語ろうとしないが、胸の内には何か言えない思いを秘めている様子で…。



小梅が「まるふく工務店」に転職してきて、“梅玄コンビ”として挑む最初の案件。はたして凸凹営業コンビの2人は、五感と機転と温情を駆使し、西崎夫妻にどのようなリノベーションを提案するのか!?家をリノベーションすると同時に、依頼人が心の奥底に抱えている家や家族の問題に立ち向かい、人生を後押ししていく新ドラマに注目だ。


初回放送を華やかに彩る豪華ゲストで、意外にも初共演となる中山美穂、寺脇康文からコメントが到着した。


<中山美穂(西崎万智役) コメント>

最初にこのドラマのお話を聞いたときは、『住宅リノベーションを通じて誰かの人生を応援する』というこれまでにない新しいタイプのドラマだなと思いました。私が演じる西崎万智と寺脇さん演じる西崎和則の西崎夫婦は最初の依頼人で、築60年の古い一軒家を和モダンにリノベしたいと依頼します。万智は、とっても古風な人ですね。古いものを愛していて、少し囚(とら)われていて…でも大切なものを守っていこうという気持ちの強い人なのだろうなと思います。寺脇さんとは初共演なのですが、とても気さくで明るい方で、撮影はとても楽しかったです。第一話は、古い家をリノベーションするという、ある種王道なテーマです。“あのおウチ”が、どのようにリノベーションされていくのか。やっぱりそれが一番のみどころかなと思います。楽しみに見ていただけたらと思います。


<寺脇康文(西崎和則役) コメント>

リノベ―ションに限らず、住まいに関することは、誰もが興味のあるテーマだと思うので、すべての人に何かしらひっかかるところが出てくると思います。自分が演じる和則は、明るくて思ったことを素直に言ってしまう裏表のない男。だからこそ悪気なく相手を傷つけてしまうところもあるのですが、とにかく明るく楽しい男です。僕自身も暗い方ではないので、そこはとてもやりやすく、撮影中は非常に気持ちのいい1日を送ることができました。非常にウキウキした弾むような男なので、逆に妻役の中山さんには、どっしり受けていただいていて、2人のバランスはすごくいいんじゃないかと思います。いくら住むところを整えても、そこに住む人の心が疲れていたりするとやっぱりダメですよね。このドラマのみどころは、リノベーションの変化を楽しみつつ、それにまつわる人の心情、人間ドラマです。また、コメディータッチの明るいドラマですので、気持ちいい月曜夜10時になると思います!ぜひお楽しみに!


第1話・あらすじ

福山玄之介(間宮祥太朗)は、バツ2で7歳の息子・進之介(岩川晴)を育てるシングルファザー。脱サラして家業の『まるふく工務店』で営業職として働くも、人の良さからくる押しの弱さでいまだ成約ゼロ。父で社長の蔵之介(遠藤憲一)や、福山家の三男で設計士の弟・竜之介(吉野北人)から、営業マンとしての将来を不安視されている。


そんなある日、蔵之介が趣味の山登りで知り合い、意気投合したという真行寺小梅(波瑠)が、助っ人として『まるふく工務店』に転職してくる。小梅は、経験に基づいた豊富な知識と優れた観察眼を武器に、大手リフォーム会社の営業エースとして活躍。玄之介も、その手腕にかつて苦い思いをした一人だった。


小梅が玄之介の教育係を兼ねる形でコンビを組むことになった2人は、早速、リノベーションの見積もり依頼があった家へ。向かったのは、西崎万智(中山美穂)・和則(寺脇康文)夫妻が暮らす築60年の一軒家で、和則は、昔ながらの間取りや縁側など古いものを一掃し、広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと意気揚々。玄之介は、家主である和則がリノベーションに意欲的なことから、早くも成約への手応えを感じるが、一方の小梅は、営業マンとしての玄之介を0点と酷評する…。


後日再び西崎家を訪れると、そこには、上司の有川拓(原田泰造)に命じられて合い見積もりに来た、小梅のかつての後輩・久保寺彰(金子大地)の姿が。小梅は久保寺を見て明らかに動揺して!?



■『魔法のリノベ』
2022年7月18日(月)スタート(初回15分拡大)
毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)