『オールドルーキー』綾野剛、サッカーへの未練消えず?天才スケボー少女めぐり窮地に

TV 公開日:2022/07/03 8
この記事を
クリップ

俳優・綾野剛にとってTBS日曜劇場初主演作となるドラマ『オールドルーキー』の第2話が7月3日(日)夜9時から15分拡大スペシャルで放送される。



37歳で突如現役引退に追い込まれてしまった元日本代表のJリーガー・新町亮太郎(綾野剛)のセカンドキャリアを描く本作。第2話では9歳の天才スケートボード選手の獲得を巡って窮地に追い込まれる新町や、担当するプロゴルファー・高槻(竹財輝之助)のスランプに悩む梅屋敷聡太(増田貴久)の姿が描かれる。


新町は社長・高柳雅史(反町隆史)から、深沢塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(佐竹晃)の獲得を任される。


ひかりを演じる佐竹は役柄と同じく9歳のスケーターで、キッズクラスの大会で優勝経験もある。スケートボードシーンの説得力を持たせるため、リアルなスケーターに芝居を教え込むかたちとなり、演技初挑戦にして日曜劇場でドラマデビューという異例の大抜擢。さらに監修には東京五輪で金メダルを獲得した四十住さくらが携わっている。四十住はドラマ本編にも登場するとのことどのような場面で登場するかは明らかになっていないが第1話冒頭の試合シーン同様、リアリティあふれるスケボー描写に期待したい。

【関連】綾野剛主演『オールドルーキー』第2話を彩る9歳のスケートボード選手は“異例の大抜擢”


第1話から一転、サッカーではないスポーツに関わることになった新町だが、ポジティブさは変わらない。予告映像からはスケボーの技に口をあんぐり開けて感激したり、自身もスケボーに挑戦したりと、新しい仕事に一生懸命に取り組もうとする姿勢が見てとれる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 25件)