『金田一少年の事件簿』道枝駿佑 涙のクランクアップ、4か月の撮影を振り返る「人生のターニングポイントに」

TV 公開日:2022/06/30 3
この記事を
クリップ

7月3日(日)よる10時30分から日本テレビで放送の『金田一少年の事件簿』最終回「File07.オペラ座館ファントムの殺人」の放送を前に、主演の道枝駿佑がおよそ4か月間の撮影を終えて無事にクランクアップを迎えた。


最後のシーンは、犯人の疑いをかけられた劇団員の城(増田昇太)が、身の潔白を証明するため、一人で鍵のかかった劇場にこもることになり、一はじめ達が交代で劇場の外で見張りをするというシーンとなった。



最後のシーンの撮影終了後、共演者・スタッフからの盛大な拍手の中、道枝は「4か月間、大変お世話になりました。ジャニーズに入って、ずっと夢だった金田一に、デビューして半年というタイミングで関わらせて頂くことができて本当に嬉しかったですし、周りの方々に支えられて駆け抜けた4か月だったなと思います。沢村さん、上白石さん、大昇、そして毎話出演してくださったゲストの皆さん、そして沢山のスタッフさんに支えられて本当にここまで来ることができました。途中、色んなことがあり、一時はどうなることかと思ったこともありましたが、誰一人欠けることなく、ここまで駆け抜けられて良かったな、と思っています。正直言うと、大変でした。でも、それ以上に楽しかったです!すごくいい経験になりましたし、自分の役者人生のターニングポイントになる作品になりました。皆さん本当にお世話になりました!!ありがとうございました!」と、時折目に涙をにじませながら、およそ4か月間にわたる撮影期間を振り返る道枝に向けて、キャスト・スタッフ一同から盛大な拍手が送られた。更に、監督・プロデューサーから撮影を乗り越えた道枝に対して、労いのコメントが寄せられた。



そして、5代目金田一・道枝駿佑が挑む最後の事件、最終回「オペラ座館ファントム殺人事件解決編」はいよいよ今週日曜日放送!怪人ファントムの仕業を匂わせる惨劇が続く中、レオナ(山本舞香)を襲った犯人と同じ仮面が、劇団員の城(増田昇太)の部屋から見つかった。犯人の疑いをかけられた城は、白神(戸塚純貴)の提案で、潔白を証明するため劇場に一人でこもる。もし他に犯人がいたとしたら、密室にいる城は安全のはずだったが、一(道枝駿佑)が訪れた時、彼はすでに殺されていた......!愛に狂った殺人鬼ファントムの真の正体が明らかに。

劇団「遊民蜂起」の団員役・湖月レオナ役に山本舞香、ミステリールポライター・白神海人役に戸塚純貴、音楽家・響静歌役に霧島れいか、元「遊民蜂起」の団員・霧生鋭治役に古川雄大など、個性豊かなゲストと共にお届けする5代目金田一の最終回「File07オペラ座館ファントムの殺人」に期待したい。


※本記事は掲載時点の情報です。